お知らせ

温室植物のみどころ情報【9月19日号】

温室

温室をより楽しんでいただけるよう、9月6日より観覧ルートを従来と逆回りのルートに変更いたしました。剪定が入って明るくなった熱帯低地の植物エリアなど、今までと視点をかえて、初秋の温室をお楽しみください。

乾燥地のエリアで、南アフリカ原産のオウサイカク(王犀角)の花が咲いています。
草丈は15cmほど、花の直径25cmのヒトデ形の花は臭い匂いでハエを呼び寄せ受粉します。奥の方、見えづらいところなので、見落として通り過ぎないようにご注意ください。2、3日で終わってしまいますので、お早めにご覧いただくことをおすすめします。

エントランスつきあたり近くでは、バンウコンの花が咲いています。
ランの花のような白い花びらは紫色の斑点がありますが、ショウガ科でカレー粉の原料としても知られています。10cmほどの丸い葉が地表に張り付くようにでて、新葉がでる前に花がつく姿が特徴的です。

人と熱帯の植物エリアの池近くではブルグマンシア・ウェルシコロルがトランペット形の大きな花を下向きに咲かせています。木本性で温室では年に4~5回繰り返し咲きます。

人と熱帯の植物エリアではゲッキツが小さな白い小花を咲かせています。インドやマレーシアなどが原産のミカン科の常緑低木で、花や実にさわやかな香りがあります。

絶滅危惧植物展を引き続きエントランス奥で開催しています。新宿御苑では絶滅危惧植物の保護を行っております。希少な植物の花をこの機会にご覧ください。

マツムラソウ 絶滅危惧種IA類(CR)】

【温室で咲いている主な花・実】
アフリカスミレ
アリアケカズラ
アリスロキア・ギガンテア
イクソラ・コッキネア
イクソラ‘スーパーキング’
オオベニウチワ
カカオノキ(実)
キバナキョウチクトウ
クササンタンカ
グズマニア
グロッバ・ウィニティ
グロッバ・グランディフロラ
コスタスの仲間
サガリバナ お早めに
スイレン類
セイロンライティア
ディオーン・スピヌロスム
デンドロキルム・マグナム
ドラゴンフルーツ(実)
トラデスカンティア・ゼブリナ
ネペンテス(ウツボカズラ)
ハイビスカス類
パキスタキス・ルテア
パパイア(花と実)
ハメリア・パテンス 
バンジロウ(実)
ピレア‘ムーン・バレー’
フウリンブッソウゲ
プルメリア
ベニアミメグサ
ベニヒョウモンショウ
ベニマツリ
マレーシアシャクナゲ
ミラクルフルーツ(実)
洋ラン
レモン(実)

「絶滅危惧植物展」
【会期】9月8日(木)~
【温室の開館時間】9:30am~5:30pm(最終入場 5:00pm)

新宿御苑
自然情報
twitter
新宿御苑
サービス施設
twitter
PageTop