お知らせ

2020新宿御苑フォトコンテスト入賞作品【入選①】

開催報告・レポート


「水辺の春」 溝越 要さん
枝垂れ桜のきれいな情景ですね。繊細なシルエットの枝垂れ桜に光が当たり明るく輝き、背景の水面の色は暗いブルーから明るいブルーのきれいなグラデーションが出来ています。また水面の煌めきが玉ボケとなってちょうどいい塩梅で主役を引き立てています。
撮影日:2020年3月20日
撮影場所:下の池


「桜の下で一休み」 杉山 信吾さん
色違いで似たような様相がシンクロして見えてとても仲のいい間柄と想像します。そんな二人がとてもチャーミングです。春の桜色と魅力たっぷりな女性の風情がマッチして、とても素敵な作品です。
撮影日:2018年4月5日
撮影場所:風景式庭園


「いつもの休憩場所」 池田 穰さん
岩の上に黒いカワウが羽を広げて休んでいます。なんだか神々しくも見えてきます。水面の揺らぎや緑の入り方など、デザイン的に上手くまとまっています。構図の作り方が上手い作品です。
撮影日:2018年4月19日
撮影場所:中の池


「灯籠倒れる(3.11)」 今井 正夫さん
これももう10年前のことになりますが、東日本大震災で御苑でも灯篭が倒れるという被害が出たのを撮られた1枚ですね。このような写真は記録としての価値があります。東日本大震災では東京でも色々なところで被害がありました。忘れてはいけない記録写真です。
撮影日:2011年5月2日
撮影場所:日本庭園


「爽快」 牧野 秀志さん
一本の幹に巻き付いたつる植物の生命力を感じます。木々や周りの緑と同じ色ですが、光が当たることでそこに視点が誘導されますね。何気ない風景ですが、緑一色でうまく画面を構成してまとめました。まさに爽快の一言につきます。
撮影日:2019年5月30日
撮影場所:母と子の森


「水面鏡」 前園 夏海さん
モミジの青さと光のギラギラした強さに夏を感じる作品です。葉っぱや地面の緑が光を反射してハイライトが飛んでしまっているので、PLフィルターをかけて少し反射を抑えると落ち着いた画面になります。次回ぜひ、挑戦してみて下さい。
撮影日:2019年8月12日
撮影場所:下の池


「緑が溢れる「小宇宙」」 丸山 朋夫さん
“宙玉(そらたま)”という特殊なレンズを使って撮られた作品です。まるで水滴の中に小さな世界があって空中に浮かんでいるようです。温室のみずみずしい緑が繁茂している様子、スイレンの紫色の花がいいアクセントになって別世界を覗き込んでいるような錯覚を感じます。
撮影日:2020年6月26日
撮影場所:温室


「光の向こう」 大野 詳平さま
プラタナス並木の下から空を見上げて撮った写真だと思われます。かなり露出補正は明るめにプラスされていて、緑の間から漏れる空の白さがまぶしいです。プラタナスの葉っぱがこの露出で濁らずに、きれいな緑になっていますね。構図と大胆な露出補正が効果的でした。
撮影日:2020年9月26日
撮影場所:整形式庭園 プラタナス並木


「可憐に咲く」 木村 和美さん
アンダー気味に撮ったことでバラの花びらの質感や、中心がややクリームがかる花色などがきれいに描写されています。背景が暗くなることでバラの白さが浮き出るようです。曇天の時に撮られたのも良かったです。お花を撮り慣れている方ですね。
撮影日:2020年10月22日
撮影場所:整形式庭園 バラ花壇


「蜃気楼」 Clerbout Samuelさん
地面の高低差と両脇の樹を額縁構図のように生かして、主役の風景に視点が誘導される上手い画面構成です。斜光線もきれいで主役の植物を生き生きと描写していて、後ろのビル群と合わさると外国のどこかの都市のようにも見えてきます。
撮影日:2020年11月28日
撮影場所:温室

新宿御苑
自然情報
twitter
新宿御苑
サービス施設
twitter
PageTop