お知らせ

平成28年7月2日(土)に江戸食付皇居探訪ガイドツアーが開催されました!

イベント・セミナー

DSC08372.jpg

 平成28年7月2日(土)に、「旧江戸城跡東御苑で歴史散策♪江戸食付皇居探訪ガイドツアー」が開催されました。

 今回のツアーは江戸城跡である皇居「東御苑」の散策と、江戸時代の料理書を参考に作られた「江戸エコ行楽重」のお食事付きパッケージツアーです。

 

 

 

 

DSC08382.jpg

 午前10:00。ツアーの出発地点は江戸時代、将軍や大名が出入りしていたとされる江戸城の正門、「大手門」。左右の石垣や※枡形門は、伊達政宗により築城されたものです。本丸御殿に向かう大名たちは、壮麗にして威圧感が伝わるこの門を通り、登城したのですね。

※枡形門とは、第一の門(高麗門)と第二の門(櫓門)の間に広場を設けた、戦略上有利な門のこと。

 

DSC08394.jpg

 現在皇居「東御苑」として親しまれているこちらの庭園は、江戸時代「本丸」や「二の丸」、「三の丸」など江戸幕府の中枢部があり、国を動かしていました。明治、大正、昭和の時代を変遷しながら、昭和43年に新しく整備され、一般に公開されています。

 写真は百人番所。当時、「鉄砲百人組み」と呼ばれる、根来組、伊賀組、甲賀組、二十五騎組の4組が、昼夜警護に当たっていました。

 

DSC08435.jpg

 多くの歴史的遺産が残されている皇居「東御苑」は、歴史散策はもちろん、緑溢れる庭園として、四季折々の自然もお楽しみ頂けます。

 

DSC08444.jpg

 野外で歴史・自然散策を終えた後は、楠公レストハウスでランチタイム。江戸時代の料理法と現代の食材が織りなす江戸の味を再現したこだわりの商品「江戸エコ行楽重」を、安部料理長の解説と共にお召し上がり頂きました。

 皇居を訪れた際は、「歴史」「食」の観点から、江戸城址豊かなこの地ならでは散策を楽しまれてはいかがでしょうか?

 

※今後の開催予定のイベントにつきましては、こちらをご覧ください

開催予定イベント

 

 

 

 

 

皇居外苑_広報
twitter
PageTop