お知らせ

【重要】犬・猫に関する苦情について

お知らせ

犬・猫に関する苦情が多数寄せられています。

・犬にリードをつけず散歩をさせ、ドッグランのように走らせている。
・リードを付いていない犬が突進してきて、足元を引っかかれた。
・伸縮リードを長くして散歩をさせている犬に吠えられ、怖い思いをした。(飼い主の制御不能)
・苑路に片付けられていないフンやブラッシング後の毛が放置されている。
・野良猫に餌やりをしている。
・野良猫に置き餌をしている人がいる、不衛生なのでやめさせて欲しい。

この他にも、一部の飼い主によるマナー違反における苦情が寄せられております。

■犬の飼い主の方へ

京都御苑では、一時的でも犬を放す行為は禁止しています。おとなしい性格の犬であっても、
大きな音に驚き予想外の行動を取ることがありますので、散歩をする際は、必ずリードをつないで下さい。
また、短めのリードを着用の上、ご自身の犬が突発的な行動をした際に制御出来るようにして下さい。

■猫に餌だけを与えている方へ

野良猫については、「かわいそうだから」といって、むやみに餌を与えると、繁殖を繰り返して、野良猫がさらに増えてしまいます。
また、残った餌を他の生き物が食べ、生態系を乱す恐れや、残った餌に虫が沸き、腐敗し、御苑内の衛生が悪化するなど、悪影響を及ぼしかねません。
野良猫を増やさないため、正しい生態系維持のためにも、餌やりや置き餌はしないようお願いいたします。

 

京都御苑は、国民公園として、広く一般に開放され、利用されています。
皆様に快適に苑内をご利用いただくため、ご理解・ご協力お願いいたします。

 

京都御苑_広報
Instagram
京都御苑_広報
twitter
PageTop