お知らせ

季節のみどころ情報【11月19日号】

晩秋のみどころ

コウテイダリア、バラ、ヒマラヤザクラがみごろです。

新宿門から温室へ向かう園路の中ほどで、コウテイダリアがみごろをむかえています。3mもの高いところに咲いていますが花数が多く、一重ではあるものの、数本の株立の上に付いた淡い赤紫色の花は遠くからでもよく目立ち、存在感があります。

整形式庭園バラ花壇のバラたちは正門側花壇のアンブリッジ ローズやジュビレ デュ プリンス ドゥ モナコなど、種類によってみごろの株があります。涼しい気温で長く咲き続けており、芳しい香りとともに色鮮やかな花が12月上旬までお楽しみいただけそうです。

(↑アンブリッジローズ)

(↑ジュビレ デュ プリンス ドゥ モナコ)

管理事務所近くでは、長い雄しべが特徴のヒマラヤザクラが、枝いっぱいに咲いています。秋咲きの桜である可愛らしいジュウガツザクラも近くで咲いていますので、花姿、色あいなどの違いを見比べながらご鑑賞ください。

【みごろの花】
オオツワブキ(管理事務所近く)
サザンカ(園内外周路沿い、中の池など)
・ツバキ(日本庭園外周園路)

ビワ(大木戸休憩所近く)
ヤツデ(園内各所)

【みごろの実】
イイギリ(母と子の森など)
カリン(中央休憩所近く)
クロガネモチ(こども広場)
サンシュユ(モミジ山外周など)
センリョウ(玉藻池)
ナンキンハゼ(新宿門近く)
ナンテン(旧御凉亭横)
マンリョウ(中央休憩所)
ムサシアブミ(日本庭園)
モチノキ(レストランゆりのき近く)

【開花】
カンツバキ(中央休憩所近く)
スイセン‘スペーパーホワイト’(下の池、レストランゆりのき前)

新宿御苑
自然情報
twitter
新宿御苑
サービス施設
twitter
PageTop