お知らせ

11月1日から15日まで新宿御苑菊花壇展を開催!

菊花壇展

本日、11月1日から15日まで日本庭園で、皇室ゆかりの『新宿御苑菊花壇展』がはじまりました。
初日の今日は、時折雲間から太陽が顔を出し、風もなく穏やかな行楽日和です。

新宿御苑の菊花壇展は、池や水の流れに沿って散策する池泉回遊式の日本庭園内に、木や竹の素材をいかした上家(うわや)といわれる建物を7棟設け、特色あふれる菊の花々を、皇室ゆかりの伝統の様式で飾りつけます。

中央休憩所横から日本庭園にお入りになって、それぞれの花壇を順路に沿ってご覧いただくと、もっとも美しく鑑賞できるようにデザインされています。

【第一露地花壇】(3分咲き)

【懸崖作り花壇】(開花~2分咲き)

【伊勢菊、丁子菊、嵯峨菊花壇】(開花~2分咲き)

【大作り花壇】(5分咲き)

大作り花壇は1本の株から数百輪もの花が咲くように仕立てたもので、新宿御苑を代表する菊花壇となっています。
今年は3基展示されており、花壇正面に向かって左から「裾野の輝(すそののかがやき)」(黄)627輪、「裾野の輝(すそののかがやき)」(黄)627輪(薄黄)、「白孔雀(しろくじゃく)」(白)627輪を展示しています。

【江戸菊花壇】(開花~3分咲き)

【第二露地花壇】(6分咲き)

【一文字菊 管物菊花壇】(開花~2分咲き)

【肥後菊花壇】(開花~1分咲き)

【大菊花壇】(5分咲き)

各花壇のみごろは、例年よりやや早めにみごろを迎えそうです。全体としては会期半ばの10日頃になりそうです。菊栽培の専門職人が1年以上かけて準備している菊花壇展をお楽しみください。

会期中、インフォメーションセンター内のアートギャラリーにて「菊花壇解説展」を開催しています。
映像で新宿御苑菊花壇ができるまでの様子や、各種花壇の解説をパネルでご紹介する展示です。日本庭園に向かわれる前にお立ち寄りいただきますと、一層深くお楽しみいただく一助になりますのでご覧ください。

◆新宿御苑菊花壇展◆

■日時:令和3年11月1日(月)~11月15日(月) (期間中は無休)
9:00~16:00(閉門は16:30)
■会場:新宿御苑内 日本庭園(東京都新宿区内藤町11)
■料金:新宿御苑への入園料が必要です。(一般500円、65歳以上・学生(高校生以上)250円、小人(中学生以下)無料)
■内容:皇室の伝統園芸を受け継ぐ「菊花壇展」を開催します。

◆菊花壇解説展◆

■日時:令和3年10月26日(火)~11月15日(月) (期間中は無休)
9:00~16:30(最終日は15:00まで)
■会場:新宿御苑インフォメーションセンター 1階アートギャラリー
■料金:無料
■内容:新宿御苑菊花壇展の魅力を分かりやすくご案内します。

◆菊花壇ライトアップについては今年は実施いたしません。

新宿御苑
自然情報
twitter
新宿御苑
サービス施設
twitter
PageTop