お知らせ

季節のみどころ情報【9月10日号】

秋のみどころ

タマスダレ、タイワンホトトギスがみごろです。
旧洋館御休所前ではタマスダレがみごろです。雨の後に咲くことから、別名レインリリーとも呼ばれるメキシコ原産・ヒガンバナ科の植物です。純白の花弁と黄色いしべのコントラストをお楽しみください。

タイワンホトトギスは新宿門から大木戸門に向かう途中の植込みに咲いています。幅の違う3枚ずつの花弁が計6枚、花の中央には上に向かって立体的な雄しべ雌しべがあり、ユニークな形をしています。花弁の斑点がホトトギスの胸の模様の見えることが、名前の由来です。

【みごろの花】
・カリガネソウ(母と子の森)

キンミズヒキ(西休憩所近く)
サルスベリ(旧洋館御休所前など)
チカラシバ(西休憩所前)
ツルボ(中央休憩所前)
ナンバンギセル(上の池)
バウヒニア・フォルフィカタ(温室遺構前)
ヒメガマ(母と子の森)
ムクゲ(千駄ヶ谷休憩所近く、整形式庭園近く)

【みごろの実】
カジノキ(母と子の森)
ガマズミ(母と子の森)
シロヤマブキ(整形式庭園近く)
ハナミズキ(レストハウス近く)
ホオノキ(風景式庭園)
マルバチシャノキ(管理事務所近く)
ミズキ(母と子の森)
・モッコク(三角花壇近く)

ヤタイヤシ(温室横園路)

【開花】
キンモクセイ(新宿門近く、三角花壇近く)
ギンモクセイ(三角花壇近く)
コブクザクラ(管理事務所近く)
チャノキ(三角花壇近く)
・ヒガンバナ(玉藻池近く)

新宿御苑
自然情報
twitter
新宿御苑
サービス施設
twitter
PageTop