お知らせ

季節のみどころ情報【8月27日号】

夏のみどころ

サルスベリなどがみごろです。

季節は秋に向かっていますが、園内のサルスベリはまだまだみごろが続きそうです。おすすめは旧洋館御休所横の植栽です。こんもりとした低い樹形で、下の方からも枝が出ていています。濃いピンク色の花が木全体に咲いており、近くに寄って観察できます。つぼみもたくさんあるので、9月半ばくらいまではお楽しみいただけそうです。

人気のヒガンバナ類の中、他に先駆けて玉藻池近くの植込みでシロバナマンジュシャゲの一株がみごろです。1本の茎から数輪の花が咲くので華やかに見えます。咲きはじめは花弁にピンクの筋が入ったり、黄味がかっていますが、次第に白くなります。現在は一株のみの開花ですが、これから9月の半ばにかけて、株が増えそうです。

【みごろ】
・ガガブタ(温室前の池)

・カジノキの実(母と子の森)

・サンゴジュの実(下の池)

シロヤマブキの実(レストハウス近く)
ナンバンギセル(上の池)
ノシラン(母と子の森、千駄ヶ谷ゲート外など)
ハクウンボクの実(こども広場)
ヒメガマ(母と子の森)
マルバチシャノキの実(管理事務所近く)
ヤブミョウガの実(西休憩所前、ツツジ山など)
ミズキンバイ(温室前の池)
【開花】
キンミズヒキ(西休憩所近く)
ショウキズイセン(千駄ヶ谷門ゲート外)
チカラシバ(西休憩所近く)

新宿御苑
自然情報
twitter
新宿御苑
サービス施設
twitter
PageTop