お知らせ

季節のみどころ情報【7月30日号】

夏のみどころ

ノシラン、ブラシノキ、ギボウシがみごろです。

中の池のほとりでは、23日に開花したノシランが早くもみごろです。深い緑の葉と白い花のコントラストをお楽しみいただけます。下の池の植栽は、開花したばかりです。

ブラシノキは5月に一度みごろを迎えましが、再び花が咲きました。大木戸門のゲートの外にあるので、散策路からもご覧になれます。植栽も大きく、ボトルを洗うブラシのような形の赤い花が木全体に咲いており、夏らしい印象です。

6月初旬から咲きはじめたギボウシは、植栽場所や品種によって咲く時期が少しずつ違います。現在はレストランゆりのきから日本庭園に向かう園路の花がみごろです。周囲の景色とも相まって、たいへん涼やかな雰囲気を醸し出しています。

【みごろ】
アガパンサス(管理事務所近く)
オーニソガラム・サンデルシー(温室前)
・キダチダリア(温室前)

クサギ(プラタナス並木近く、母と子の森)
サルスベリ(園内各所)
チュウキンレン(温室前)
ハクウンボクの実(こども広場)
ハナゾノツクバネウツギ(千駄ヶ谷門ゲート外)
ヒメガマ(母と子の森)
・ミズキンバイ(温室前の池)

ヤブミョウガ花と実(西休憩所近くなど園内各所)

【開花】
カンレンボク(母と子の森)
ソケイ(管理事務所近く)
ヤブラン(新宿門近く)

新宿御苑
自然情報
twitter
新宿御苑
サービス施設
twitter
PageTop