お知らせ

温室植物のみどころ情報【7月28日号】

温室


西インド諸島原産のオウゴチョウ(黄胡蝶)の花が熱帯低地の植物エリアで木の上の方に花を付けています。赤にオレンジ色が混じった色の花びらはまさに蝶のような華やかさです。小笠原コーナーの向かい側あたりを見上げてみてください。

エントランスから人と熱帯の植物への入り口をくぐる付近ではフウリンブッソウゲ(風鈴仏桑華)が揺れています。
名前の由来のようにおしべが下を向き、風鈴のような形です。コーラルハイビスカスとも呼ばれ、長く切れ込みのある5弁の花びらが反り返って咲く姿はサンゴにも見えます。

今年のサガリバナは1mもの長さの花穂がいくつも垂れ下がっています。夜咲く花なので、朝早い時間でもすでに花が地面に落ちて、フワフワのボンボリの花が木の下をピンクに染めています。曇りの日は比較的ぶら下がった花を見易いです。沖縄コーナーでつぼみをたくさんつけています。

熱帯山地の植物をぬけて、順路最終のエントランス奥側ではアケビバナナの実が、熟したアケビの実のように皮が自然に剥けて種が見えています。

ツユクサ科の観葉植物、パリソタ`エリザベサエ’の鮮やかな赤い実が葉の根本の部分にびっしり生っています。大きな葉の下に隠れてちょっと見えづらいところですが、熱帯低地の植物エリアで数株植栽されています。

温室では、その日のおすすめ植物を館内放送でご紹介しています。一日2回で以下の時間です。温室スタッフによる解説をお楽しみください。
11:00 13:00

【温室で咲いている主な花・実】
アリアケカズラ
アリストロキア・ギガンティア
ウコン
オオベニウチワ
オヒルギ
キントラノオ
クレロデンドルム・ウガンデンセ
クレロデンドルム・マクロシフォン
グロッバ・ウィニティ
ケンフェリア類
コエビソウ
ゴクラクチョウカ
ジュズサンゴ
シマサンゴアナナス
シロフゲットウ
スパテフィルム
タコノキ(実)
ツンベルギア・フォーゲリアナ
テリハバンジロウ
トラフアナナス
ナンヨウザクラ
ネオレゲリア類
ネペンテス類
ハイビスカス類
パキスタキス・ルテア
ハナキリン
パパイア(実)
ハブソウ
ブーゲンビレア
ブルグマンシア・ウェルシコロル
ベゴニア類
ベニヒモノキ
ベニマツリ
ヘリオトロープ
ヘリコニア・ロストラータ
ヘリコニア・マリアエ
マレーシアシャクナゲ
ミヤコジマソウ
ムニンノボタン
メヒルギ
ヤエサンユウカ
ルリマツリ
レッドジンジャー
レモン(実)

新宿御苑
自然情報
twitter
新宿御苑
サービス施設
twitter
PageTop