お知らせ

季節のみどころ情報【7月23日号】

夏のみどころ

サルスベリ、オニユリ、チュウキンレンがみごろです。


下の池のサルスベリがみごろになりました。ポプラ近くの木は淡いピンク色、擬木橋近くの木は濃いピンク色の花穂で色の違いも楽しめます。夏らしい鮮やかな花が水辺の景色の中に映えます。

西休憩所、母と子の森側ではオニユリが満開です。1メートル以上育った茎から多数のオレンジ色の花を付けて群生し、華やかです。

温室の前ではバショウ科のチュウキンレンの大きな黄色の苞が目立ち始めました。中国原産の園芸種ですが、バナナの葉のような大きな葉の中に個性的な存在感の花が楽しめます。数株あり9月ころまで楽しめそうです。

【みごろ】
アガパンサス(管理事務所近く)
アサガオ(西休憩所)
アメリカフヨウ(新宿門近く)
オーニソガラム・サンデルシー(温室前)
ギボウシ(レストランゆりのき近くの境界林)
クサギ(プラタナス並木近く。母と子の森)
ハクウンボクの実(こども広場)
バウヒニア・フォルヒカタ(温室遺構近く)
ハナゾノツクバネウツギ(千駄ヶ谷門ゲート外)
ヒメガマ(母と子の森)
ミズキの実(母と子の森)
・ヤブミョウガ(西休憩所近くなど園内各所)
リュウノヒゲ(新宿門)

【開花】
・カラスウリ(下の池など、午前中早い時間のみ開花)

カンレンボク(母と子の森)
・ススキ(日本庭園)

タイワンホトトギス(管理事務所近く)

新宿御苑
自然情報
twitter
新宿御苑
サービス施設
twitter
PageTop