お知らせ

季節のみどころ情報【6月18日号】

初夏のみどころ

サンゴシトウ、ネムノキ、ハンゲショウなどがみごろです。

サンゴシトウが管理事務所近くと温室横でみごろです。鮮やかな赤がハッとさせられます。中の池のサンゴシトウは咲きはじめです。しばらくすると横に植栽されているアメリカデイゴと赤の競演になります。

ネムノキは母と子の森ラクウショウ近くに植栽されています。ピンク色のフワフワとした花が涼やかな葉の上に乗る様に咲いています。

母と子の森の池ではハンゲショウが咲いています。小さな花にスポットライトを当てるように近くの葉が白くなります。これは虫に花が咲いたことを知らせるサインです。

千駄ヶ谷休憩所近くではムクゲが咲いています。この花は一日花ですが、次から次へと咲いて、夏中お楽しみいただけそうです。

【みごろ】
アルストロメリアの仲間(新宿門)
キョウチクトウ(千駄ヶ谷休憩所)
ザクロ(中の池)
タイサンボク(温室前や風景式庭園など)
ネジバナ(温室近く)
・ハクウンボクの実(こども広場)

ハナゾノツクバネウツギ(千駄ヶ谷門ゲート外)
ヤマモモの実(西休憩所近くなど)
ユリズイセン(中の池)
ギボウシ(中の池、管理事務所)

【開花】
アメリカデイゴ(中の池)
コウテイダリア(管理事務所近く)
ホタルブクロ(母と子の森)
ヤエクチナシ(千駄ヶ谷休憩所)
ヤブミョウガ(母と子の森外周など)
ヤブラン(母と子の森)

新宿御苑
自然情報
twitter
新宿御苑
サービス施設
twitter
PageTop