お知らせ

新宿御苑の歴史探訪【庭園様式】

歴史

いつも新宿御苑にご来園いただきまして、誠にありがとうございます。
新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言の発令に伴い、令和3年4月25日(日)より新宿御苑は臨時閉園しております。
閉園中におきましても新宿御苑の自然や庭園風景を、インターネットを通してご鑑賞いただきたく、引き続き情報発信を行います。
スタッフ一同、みなさまにご来園いただける日まで、庭園や植物の栽培管理をしっかり行ってまいります。
何卒ご理解とご協力のほどどうぞよろしくお願いいたします。


【内藤家下屋敷玉川園跡ー玉藻池】

新宿御苑は、江戸時代に徳川家康の家臣・内藤清成が賜った大名屋敷がルーツといわれています。明治維新後に国営の農事試験場と農学校が創設され、明治12年(1879)5月には皇室の御料地「新宿植物御苑」となりました。

新宿御苑の発展に深く係わった福羽逸人は、明治33年にヴェルサイユ国立園芸学校教授アンリ・マルチネーに新宿植物御苑を庭園に改造する計画を依頼し、翌明治34年(1901)に植物御苑改造計画を宮内大臣に提出、5ヵ年の改装計画事業が始まりました。


マルチネーの庭園完成予想鳥瞰図では、正門を入って正面にルネサンス様式の2階建ての宮殿、その前庭には大噴水が描かれています。宮殿建設は実現しなかったものの、現在もバラ花壇の前には広いスペースが確保され、その先に広がる風景式庭園が臨めます。


現在、日本庭園がある場所はかつて皇室庭園時代に、新宿御猟場の鴨場が新設され、明治13年(1880)~明治17年(1884)まで皇室の狩猟場になっていました。新宿植物御苑の庭園改修に伴い、鴨場は、動物園を含めた日本庭園に改修され、現在の形が出来上がりました。


マルチネー氏の設計図は、昭和20年(1945)の空襲で焼失しましたが、現在の風景式庭園・整形式庭園・日本庭園の原型はほぼ鳥瞰図と同じ様式が保たれています。

新宿御苑
自然情報
twitter
新宿御苑
サービス施設
twitter
PageTop