お知らせ

おうちで楽しむ洋ラン展

温室

いつも新宿御苑にご来園いただきまして、誠にありがとうございます。
新型コロナウイルス感染症の更なる感染拡大防止のため、緊急事態宣言の発令に伴い、令和2年12月26日(土)より臨時閉園しております。
園内の自然情報の発信については、新宿御苑の庭園風景をインターネットを通してご鑑賞いただきたく、引き続き情報発信を行います。
スタッフ一同、みなさまにご来園いただける日まで、庭園や植物の栽培管理をしっかり行ってまいります。何卒ご理解とご協力のほどどうぞよろしくお願いいたします。

冬は洋ランが一番華やかに咲く時期です。
おうちからでも御苑の洋ラン鑑賞を楽しんでいただけるよう、温室で撮影した洋ラン動画をご紹介します。

■洋ラン紹介(2021年2月10日)

■今回紹介した洋ラン

【Maxillaria luteo-alba(ルチオ-アルバ)】

原種
花はバニラのような甘い香りがあります。
コスタリカ等の低地から高地で自生する着生ランです。

【Restrepia elegans(エレガンス)】

原種
クリーム色の下地に赤紫色のドット柄が可愛らしい花を咲かせます。
ベネズエラ・コロンビア・ペルーの標高700~2800mの雲霧林に自生する小型のランです。太く肥大したバルブをもたず、細いバルブの先に幅の広い革質の葉が特徴です。

【Brassavola glauca(グラウカ)】

原種
クリーム色の花は、爽やかな香りを漂わせませす。
カトレア属の仲間で、カトレアとの交配によく使用されています。
熱帯アメリカに広く分布する着生ランです。

【Paphiopedilum Shinjuku #188】

交配種
Paphiopedilim Omar × Paphiopedilum Satsuma の交配種です。
戦後作出されました。

【Pleurothallis matudiana】

原種
葉の上に双子の様に並んで花が咲くのが特徴です。
メキシコなどの標高1000〜2400メートル雲霧林に自生する小型のランです。

新宿御苑の洋ランの歴史についてはこちら

新宿御苑
自然情報
twitter
新宿御苑
サービス施設
twitter
PageTop