お知らせ

「We Love Shinjuku」元気な新宿発信 スタジオ104への情報提供協力を行いました

イベント・セミナー


内藤とうがらしは、新宿御苑が徳川家康の家臣・内藤氏の下屋敷だった江戸時代に菜園で栽培がはじまり、新宿一帯へと広まっていった伝統野菜です。
江戸の都市化にともない、いったんは栽培が途絶えてしまいましたが、平成20年(2008)の内藤とうがらしプロジェクトの誕生により、復活の取り組みが始まりました。

最初は新宿区内の学校や公共施設、商店街などを中心にスタートした活動は、現在はJR新宿駅の記念スタンプとなるほど、新宿を代表するブランド野菜となりました。

国民公園協会では各種団体とのパートナーシップを進めており、園内のレストランやカフェにおいては内藤とうがらしをはじめとする江戸東京野菜、御苑ゆかりの食材を使ったオリジナルメニューやスイーツ、園内の売店では内藤とうがらしのスイーツやグッズを販売しています。

内藤とうがらしプロジェクトでは、新宿の街をめぐりながら地域の歴史や文化を楽しむ情報発信拠点として、新宿歌舞伎町入口のレストランに「スタジオ104 at FAVETTA」をオープンしました。


10月4日(金)のとうがらしの日(とう(10)がらし(4))より「内藤とうがらし~オンライン×オフラインの融合~ We Love Shinjuku!」のライブ配信をスタートします。
店頭に新設された2つのモニターでは「新宿のエール」をテーマに、街や内藤とうがらし、スポーツ、美味しいものや楽しい事、知るとお得なニュースなどをリレー形式で常に上映します。
映像には新宿御苑の自然や四季のみどころ情報、秋のイベント情報も登場します。

配信に先駆けて、本日9月30日にスタジオのお披露目と交流会が開催されました。
交流会には内藤とうがらしプロジェクトリーダーの成田重行氏や新宿ゆかりの内藤とうがらしにかかわる学校や企業、団体、栽培農家、イラストレーター、漫画家、地域で活躍する方々など、約40名が参加しました。
終始なごやかなムードのなか、内藤とうがらしの話題で花が咲いた交流会となりました。

内藤とうがらしプロジェクト公式ホームページはこちら

■「内藤とうがらし~オンライン×オフラインの融合~ We Love Shinjuku!」live配信
「We Love Shinjuku~未来100年先の新宿~今できることって!!」
内藤とうがらしを通じて新宿を元気に。Mia Doiさんをナビゲーターに、様々な分野の方とのトークliveを開催します。
【日時】2020年10月4日(日)14時よりスタート
【場所】スタジオ104 at FAVETTA(新宿歌舞伎町1-23-14)
※YouTubeの「内藤とうがらしチャンネル」からご覧ください。

新宿御苑
自然情報
twitter
新宿御苑
サービス施設
twitter
PageTop