お知らせ

お点前見学イベントを開催しました

楽羽亭

 本日、日本庭園にある茶室「楽羽亭」において、お点前の見学イベントを行いました。

 通常、楽羽亭では、立礼席での呈茶を行っていますが、この見学イベントでは、特別にお点前をご覧いただけます。

01na.jpg

 しとしとと雨が降り、真冬のような寒さの本日、日本庭園にひっそりと佇む楽羽亭の周りも紅葉に彩られ、まるで日本画のようです。

02na.jpg

 訪れたお客様も美しい風景をご覧になりながら楽羽亭に足を運ばれていました。

 室内に一歩足を踏み入れると、沈香の香りが室内に立ち込め、凛とした雰囲気に自然と姿勢が正されます。

03na.jpg

 茶花は冬の季語でもある「日本水仙」です。楚々とした姿がより日本情緒を醸し出しています。お茶菓子は「蠟梅(ロウバイ)」です。練り切りと黒餡が絶妙なバランスです。

04na.jpg

05na.jpg

 本日は海外のお客様が多く、一口お茶をいただいて「おいしい!」と日本語でおっしゃっていました。また、別のお客様からは「Brilliant!」との感想をいただきました。 

 楽羽亭は、楽しそうに鳥たちが羽ばたいてゆく姿をイメージしたのが名前の由来となっています。新宿御苑が皇室庭園であった明治39(1906)年ごろに建設され、当時鴨場があった日本庭園において、楽羽亭は皇室の休憩所として利用されていました。昭和20(1945)年の空襲で焼失しましたが、昭和62(1987)年に復元されました。

06na.jpg

 木の香り漂う純日本的な建物と洗礼された庭先は格調高く、落ち着いた雰囲気の中で茶事や句会なども良いものです。

 小間(4畳台目)、広間(10畳)、立礼席(30席)の3つの部屋があり、貸出しも行っております。

>>楽羽亭の貸し出しについて

07na.jpg

 現在、紅葉が最も美しい日本庭園。お茶を飲み終えたお客様は満足そうに、また散策にお出かけになりました。

新宿御苑
自然情報
twitter
新宿御苑
サービス施設
twitter
PageTop