お知らせ

キョウチクトウが咲いています

夏のみどころ

 お盆休み最終日の本日は、朝から青空が広がり、水やりの際に打ち水をした地面もすぐに乾いてしまうほどです。気温は高いものの昨日ほど上がらず、少しずつ秋が近づいているのを感じます。夏らしいさんさんとした太陽の光に包まれた園内、青々とした芝生が美しいこども広場や千駄ヶ谷門休憩所横では、夏の花キョウチクトウが咲いています。

01n.jpg

02n.jpg

 梅雨の頃から咲き始めていたキョウチクトウですが、深緑の園内に彩を添えています。

03n.jpg

04n.jpg

 キョウチクトウ(夾竹桃)はインド原産の常緑樹で、葉が竹に、花が桃に似ていることが名前の由来です。日本には、中国経由で江戸時代に渡来したといわれています。

05n.jpg

 土地を選ばず、やせ地でも育つキョウチクトウは、潮風や煙害にも強いため、街路樹や工場の多い場所の緑化などとして多く植栽されています。

06n.jpg

 まだまだ暑い日が続きそうですが、自然の癒す力や、平和であることに感謝しながら、夏の最後に健気に咲くキョウチクトウをぜひお楽しみください。

07n.jpg

新宿御苑
自然情報
twitter
新宿御苑
サービス施設
twitter
PageTop