お知らせ

慎ましく可愛らしいネジバナ、見つけてね

初夏のみどころ

o1.jpg

 明日からしばらく梅雨空が戻る予報ですが、今日は夏らしい太陽のまぶしいお天気になりました。

o2.jpg

 整形式庭園のプラタナス並木の下は涼しい木陰ができてさわさわと風が葉を鳴らしており、ベンチでひと休みされるお客さまの憩いの場所になっています。

o3.jpg

 整形式庭園バラ花壇側の斜面でふと足もとを見ると、細長くねじれたピンクの花が芝生の中に群れて咲いています。小さな花が花茎の周りに螺旋状に並んで咲く、ねじれた花序が和名の由来である、ラン科の花「ネジバナ」です。

o4.jpg

 近づいて花をみると、小さいですがれっきとした蘭の花らしい形がわかりますね。花茎もよく見ると右巻き、左巻き、ねじれてないもの、巻き方が途中でゆるくなるものなど、とても個性があります。色も薄いピンクや濃いピンクなどがあり、観察をはじめるとなんとも奥深く、魅力があるかわいらしい花です。

o5.jpg

 ネジバナは日当たりがよく水はけのよい芝生の斜面などによく咲いており、園内では他にも中央休憩所付近でもたくさん咲いています。綺麗な花が咲きますが、雑草として刈られてしまうこともありますので、お早めにどうぞ。

o6.jpg

 ラン科の植物は他の植物の菌根菌によって発芽が促されますが、ネジバナも芝の菌根菌と仲良しのようです。植物界は持ちつ持たれつ、異なる種類が助け合って生きているということが研究でわかってきています。

o7.jpg

 小さな植物の世界に思いを巡らせながら、足元につつましやかに咲く夏の季語でもあるネジバナを見つけに、園内をご散策になられてはいかがでしょうか?

新宿御苑
自然情報
twitter
新宿御苑
サービス施設
twitter
PageTop