お知らせ

フェイジョアの花がみごろです

初夏のみどころ

 今日は梅雨らしい天気になりましたが、週末の土曜日ということもあり、多くのお客様が来園されています。園内では次々と初夏の花々が咲きはじめていますが、旧洋館御休所の近くではフェイジョアの花がみごろをむかえています。

01na.jpg

 フェイジョアはフトモモ科の常緑低木で、南米原産ですが、日本には昭和初期にアメリカから渡来し、庭木や生垣に用いられています。葉は長さ5~7cmの卵形の楕円形で光沢があり、葉の裏面には綿毛が生えているので白色にみえます。花は6~7月に開花し、10月下旬くらいには果実もなります。

02na.jpg

 「初めて見るけど、変わったかわいらしい花ね。」と通りがかったお客様は興味津々でご覧になっていました。

 園内には旧洋館御休所の横の細い道を入ったところに植栽されています。近くでは観察できませんが、長い雄しべが赤く密集しているユニークな形の花は、遠くからでも目立ちます。花弁は白ですが、咲いたばかりのものはピンクがかっています。

03na.jpg

 咲き終わった花もありますが、つぼみも多くあるのであと1週間程はお楽しみいただけそうです。南米原産の情熱的な色合いの花をぜひご覧ください。

04na.jpg

新宿御苑
自然情報
twitter
新宿御苑
サービス施設
twitter
PageTop