お知らせ

実のなる植物展の準備をしています

新宿御苑の見どころ

 大温室では熱帯原産のさまざまな植物が生育しています。館内では色鮮やかな南国の花々が一年中ご覧いただけるほか、トロピカルフルーツとしても知られる熱帯産の果実もお楽しみいただけます。

 そんな魅力いっぱいの「実」にスポットをあてた企画展「実のなる植物展『Look at 実』」が、6月25日(火)より始まります。

1.JPG

【写真↑:タコノキ】

2.JPG

 タコノキは熱帯低地の植物コーナーに植栽されています。高いところに実っていますが、下には実がポロポロと落ちていて、甘い香りがします。一つ一つが大きい実だということが分かります。

3.JPG

【写真↑:キミノバンジロウ】 

 キミノバンジロウは、人と熱帯の植物コーナーに植栽されています。バンジロウはトロピカルフルーツのグアバ。このキミノバンジロウは、完熟すると果皮が黄色くなる品種です。黄色くなってきたら香りも楽しめそうですね。

4.JPG

 トックリヤシは、熱帯低地の植物コーナーです。たわわに実っていて少し重そうです。

5.JPG

【写真↑:ジャボチカバ】  

 ジャボチカバは、熱帯低地の植物コーナーに植栽されていますが、鉢植えもあり、乾燥地の植物コーナーを出た辺りの通路に展示してあります。枝にコロンと実った姿が珍しく、注目を集めている植物です。

6 (2).JPG 

 スタッフがきれいにした後の鉢の中をのぞくと。実が落ちていて、横には実生のジャボチカバが育ち始めていました。

7.JPG

 大温室では、実のなる植物展「Look at 実」を準備中です。温室の中を散策しながら、注目の実をご覧いただけるように説明板を設置します。期間中には「大温室鑑賞教室 実のなる植物ツアー」も開催します。温室の担当スタッフが実のなる植物を解説しながら、みどころをご案内します。是非ご参加ください。

9-a.jpg

新宿御苑
自然情報
twitter
新宿御苑
サービス施設
twitter
PageTop