お知らせ

一風変わった桜「イヌザクラ(犬桜)」

春のみどころ

 今日は数日続いた初夏のような陽ざしが落ち着き、久しぶりに雨の恵みを受け、乾いた園内は潤い、植物達も喜んでいるようです。

 現在みごろになっている「イヌザクラ(犬桜)」をご存知でしょうか。サクラはサクラでも少し変わったサクラです。

01.JPG

02.JPG 

 園内では唯一中の池に植栽されています。枝が池に張り出し、幹も太く、立派で見ごたえがあります。

03.JPG

 「これ本当にサクラなの?」とお客様からたびたびご質問いただきますが、近づいてよく観察してみると、一つ一つの白い小さな花には、通常のサクラのように花弁が5枚あります。バラ科サクラ属で本州、四国、九州、朝鮮半島の山地で生育しています。一つの花序には20~40個の花がつき、雄しべは10数本あります。

04.JPG

 イヌザクラという名前は、「サクラの仲間であるがサクラのようには見えない」というところからきています。「イヌ」は「似て非なるもの」の意味で、「非(イナ)」から「イヌ」に変化したものと言われています。

05.JPG

 葉が出てから花が咲くので、数のわりに花はあまり目立ちませんが、楚々とした姿を一度ご覧になってみてください。

  

新宿御苑
自然情報
twitter
新宿御苑
サービス施設
twitter
PageTop