お知らせ

可憐♪オカメが咲き始めました

新宿御苑の見どころ

 今日は最高気温が20度近くまであがる予報です。青空が広がりポカポカ陽気の日曜日になりました。開園間もなくから、たくさんのお客様が来園され、春探しを楽しんでいらっしゃいます。

1.JPG

2.JPG

 新宿門からサービスセンターに向かう園路沿いでオカメが咲き始めました。園路が、ちょうど二またに分かれた間の植え込みに植栽されているので、新宿門から歩いてくるとお出迎えをしてくれているように見えます。オカメのつぼみが膨らんで、木全体がピンクに染まった姿を見ると、私たちスタッフは「いよいよ春が来た!」と思います。今日の暖かさで、ぐんと花数を増やしそうです。

3.JPG

 オカメはカンヒザクラとマメザクラの交配で生まれた栽培品種で、イギリスの桜研究家イングラム(Ingram)によって作出されました。花びらを包む萼片の鮮やかな色はカンヒザクラに、下向きに咲く可憐さはマメザクラに似ているようです。「まあ!可愛いらしい桜ね。オカメっていうの?」とお客様が声をかけてくださいました。

4.JPG

5.JPG

【写真:1月23日撮影】

 このオカメ、高さがあるわりには華奢な枝ぶりです。それも魅力のひとつですが、1月22日の大雪では、雪の重みで大きくしなり、折れるのではないかと私たちを心配させました。幸い雪が溶けるのが早かったので事なきを得、今年もトレードマークのV字型の枝には、たくさんのつぼみをつけています。

6.JPG

 新宿御苑には約65種類約1100本の桜の植栽があります。現在は、オカメの他には、カンザクラ(一部落花)カワヅザクラ(見ごろ)ツバキカンザクラ(見ごろ)シュゼンジカンザクラ(2分咲き)カンヒザクラ(開花)をご覧いただけます。4月中旬の八重桜まで華やかに続く新宿御苑の桜をお楽しみください。

7.JPG

【写真:むかって右オカメ 左ツバキカンザクラ 奥カワヅザクラ】 

 

新宿御苑
自然情報
twitter
新宿御苑
サービス施設
twitter
PageTop