お知らせ

冬至にゆかりのある野菜といえば?

カフェはなのき

 本日12月22日は二十四節季のひとつ「冬至」です。冬至の日にかぼちゃを食べて、ゆず湯に入ると、一年風邪をひかないとされ、古くからの日本の家庭の伝統行事になっています。

 

 新宿御苑はユズの木があるのはもちろんのこと、かぼちゃにもゆかりのある地というのはご存知でしょうか?

 江戸時代の新宿御苑は、徳川家康の家臣の信州高遠藩主・内藤家の下屋敷でした。敷地内には田畑があり、農作物が栽培されていましたが、当時、御苑で作られた野菜のひとつに「内藤かぼちゃ」があります。

y09.JPG

 オレンジ色のごつごつした皮が特徴の日本カボチャで、新宿から中野付近で栽培されたことから「淀橋かぼちゃ」、独特な形状から「菊座かぼちゃ」とも呼ばれていました。

 以前にご紹介した「内藤とうがらし」と同じく、新宿御苑から全国に広まったといわれています。

y08.JPG

 イギリス風景式庭園を眺めるレストランゆりのきでは、本物の内藤かぼちゃを展示しています。

 また、レストランゆりのきと、カフェはなのき(インフォメーションセンター内※入館無料)では、江戸東京野菜を使ったお食事やスイーツメニューをご提供しております。

 ご来園の際は、ぜひお気軽にお立ち寄りください。

新宿御苑
自然情報
twitter
新宿御苑
サービス施設
twitter
PageTop