お知らせ

人気です!下の池の一本カエデ

新宿御苑の見どころ

 昨日から降り続いた雨は開園まもなく上がりました。今日の新宿区の最高気温は10℃と肌寒い一日となりましたが、紅葉の色づきがいちだんと進みそうですね。紅葉の代表というと鮮やかに色づく「もみじ(カエデ)」でしょうか。園内全体のカエデは色づきはじめですが、ひと足早く、下の池のカエデが赤く色づいてきました。

151126s16.JPG

151126s18.JPG

 下の池のまわりには、園内最後の紅葉スポット「もみじ山」をはじめ、たくさんのカエデの木があります。なかでもとくに人気の高いカエデが、擬木橋付近にあるこちらの大木です。毎年、紅葉時期になると、お客さまから「下の池のカエデは色づきましたか?」と、お問い合わせを多く寄せていただきます。

151126s17.JPG

 中の池側の橋から見ると、ほんのりと赤く染まった木が目をひきます。さえぎるもののない空は、ここが大都会・新宿であるということを忘れてしまいそうなほど。池のまわりを囲む木々も、黄色やオレンジ色など、それぞれの持つ色彩に染まり始めています。

151126s22.JPG

 木を下から見上げると、のびやかな自然樹形の枝のシルエットが魅力的。雨の水分をたっぷりと含み、ぴんとした枝葉のみずみずしさや、黒々とした幹がひときわ存在感を増して感じられます。今日もたくさんのお客さまが写真撮影を楽しんでいらっしゃいました。

151126s25.JPG

 やや緑色の葉が残るものの、赤やオレンジ、緑に色づいた葉っぱの色彩のグラデーションが楽しめるのは今ならでは。こちらのカエデをトップバッターに、園内各所のカエデもつぎつぎと色づきが進んでゆきそうです。

新宿御苑
自然情報
twitter
新宿御苑
サービス施設
twitter
PageTop