お知らせ

ムクゲがみごろです

夏のみどころ

 下の池近くや千駄ヶ谷休憩所横ではムクゲがみごろをむかえました。今日は昨日までの暑さから一転、午前中は雨が降りそうな空、午後に入るとしとしとと雨が降ってきましたが、涼やかな風が吹き抜ける、過ごしやすい一日となりました。

150326s1.JPG

150326s4.JPG

 ムクゲは中国原産の落葉低木で、古くに日本や朝鮮半島へ渡来し、平安時代ごろから栽培されていたといわれています。白花や八重咲きなどたくさんの園芸品種があり、生け垣などによく植えられてきました。

150326s3.JPG

150326s5.JPG

 こちらは、千駄ヶ谷休憩所横のムクゲの木です。下の池近くの木は、一重咲きのものが木の上の方でたくさん咲いていますが、こちらは八重咲きのものと一重咲きのものを目線の高さで同時に楽しむことができるのでおすすめです。

150326s2.JPG

 ムクゲの花は、降り注ぐ太陽に元気に咲き誇るイメージですが、朝開き、夜しぼむ1日花です。一つ一つの花の命は短いですが、順番に開花し長く咲き続け、新宿御苑では、例年8月上旬まで花をお楽しみいただけます。清涼な花を愛でながら、園内散策をお楽しみください。

新宿御苑
自然情報
twitter
新宿御苑
サービス施設
twitter
PageTop