お知らせ

タイサンボクが咲きはじめました

初夏のみどころ

 大温室前やレストハウス前では、タイサンボクが咲きはじめました。今日は、都内でも最高気温が29度まで上がり、真夏のようなジリジリとした日差しが園内の木々をを照らしています。樹木が生い茂る新宿御苑は木陰に入ると涼やかで、温度の違いを感じることができます。

150526s1.JPG

150526s5.JPG

 園内を散策していると吹き抜ける風の中に、とてもさわやかな香りが流れてきました。香りをたどっていくと、タイサンボクにたどり着きました。

150526s4.JPG

 タイサンボクは、先日まで濃厚な甘い香りを漂わせながら花を咲かせていたホオノキと同じモクレン科。花ひとつの直径は25センチほどにもなり、日本で見られる樹木の中では最大級の大きさです。

150526s2.JPG

 香りを楽しまれたい方、花を近くで見たい方にはレストハウス前の木がおすすめです。枝の下のほうにまで花が咲いているので、木の近くによってお楽しみいただけます。

150526s3.JPG

 今はまだ、つぼみが目立ちますがこれから花数を増やしていき、来週末以降にみごろをむかえそうです。

新宿御苑
自然情報
twitter
新宿御苑
サービス施設
twitter
PageTop