お知らせ

初夏の森たんけん

イベント・セミナー

 今日は母と子の森自然教室『初夏の森たんけん』を開催しました。自然観察フィールド・母と子の森を探検して、初夏の生きものを観察します。開園間もない時間は曇り空が広がっていましたが、自然教室がはじまる頃には青空が広がり、気温が約25℃まで上がり夏日となりました。

01.JPG

02.JPG

 新宿門の芝生広場に集合した後、4班に分かれて出発です。

草原広場では「何か飛んでったっ!!」、「そこにいるよ!!」とお子様たちが、草原で暮らしているイナゴやキリギリスを見付けて大興奮。

03.JPG

(クビキリギス)

04.JPG

(ツマグロオオオヨコバイ)

 母と子の森の池では、スタッフの「池の中に何かいるかな?」の掛け声とともに、橋の上から池を真剣に覗きこむお子様たち。池をスイスイと泳ぐメダカやカエルの卵などが観察できました。

05.JPG

 

 最後に自然教室の講師をつとめたボランティアグループ・新宿御苑森の会から「たくさんの生きものが見られたね。新宿のような都会にも、たくさんの生き物たちが住んでいるんだよ。」というまとめがありました。新緑色づくこの季節は、たくさんの生きものたちがすくすくと成長する季節でもあります。自分たちの家の周りでも、初夏の生きものたちを探してみてはいかがでしょうか?

06.JPG

【新宿御苑の生きものたちからのお願い】

 新宿御苑では動植物の採取を禁止しています。観察した後はもとの暮らしていた場所に戻してくださいね。みなさまのご理解とご協力をお願いいたします。

◆母と子の森自然教室

(くわしくはこちら/新宿御苑管理事務所ウェブサイト)

新宿御苑
自然情報
twitter
新宿御苑
サービス施設
twitter
PageTop