事業概要

設立の趣旨

皇居外苑、京都御苑及び新宿御苑は、いずれも旧皇室庭園という由緒を持ち、また、皇居外苑は皇居の前庭として、京都御苑は京都御所の前庭として、さらに新宿御苑は観菊会等の公式行事が行われるにふさわしい品格と伝統を備えた庭園として、日本国民のみならず広く世界の人々にも親しまれています。 その整備保存については、所管省庁である環境省におかれてもそれぞれに管理事務所を設け、予算上、定員上の手当てによって適正な管理に努められるなどの配慮がなされておりますが、民間においても皇居外苑保存協会、京都御苑保存協会及び新宿御苑保存協会の三財団法人等の活動を通じてその整備保存に協力してまいりました。

このような中で、皇居外苑、京都御苑及び新宿御苑を取り巻く周辺環境には、都市化の高度な進展がみられ、これに伴い、これら三苑は、都市の中の伝統的な緑の点景として、また、都市環境の質の向上に寄与する上においてますます貴重な価値を有するに至っております。このような三苑の整備保存の重要性に鑑み、民間においても関係団体相互の緊密な連携の下に事業の効率化、合理化を推進し、国民公園として三苑に共通の使命と各々に固有の特性を十分発揮させるため、既存の三財団法人を大乗的かつ発展的に解消し、新たに有力なる民間団体として、財団法人国民公園保存協会(現・国民公園協会)を設立することとした次第であります。この新しい財団法人は、国の施策に協力しつつ、皇居外苑、京都御苑及び新宿御苑を愛する国民の参加のもとに、その整備保存の強化を図っていこうとするものであります。