新宿御苑の桜カレンダー

 約65種1100本の桜を植栽している新宿御苑では、2月のカンザクラから、4月下旬のカスミザクラまで、長い期間にわたって桜が園内を彩ります。
 春の園内に咲き誇る、特色あふれる桜の花々をお楽しみください。

【2月中旬〜3月中旬】  野鳥たちが一足お先にお花見を楽しみます

 お花見を楽しもう!

 満開のカンザクラの枝々を、あっちにこっちに、ちょこちょこ飛び回っているのは、黄緑色の羽根が鮮やかなメジロ。白い縁取りのまん丸のお目目が、なんともいえずかわいらしい野鳥です。
 軽やかに枝にとまり、くるくると体を回しながら、くちばしで花の蜜を味わうその姿は、まるでダンスを踊っているよう。季節の喜びを体いっぱいに。春の息吹を感じます。

 これも桜!?真っ赤な桜です

 下の池に向かう芝生に、枝先が赤く色づいた木を見つけました。これは、園内の桜のなかで最も花色の濃い桜・カンヒザクラ。寒に咲く緋色の桜が名前の由来です。沖縄ではポピュラーな種類で、桜の開花前線の基準木にもなっています。
 下向きに咲く釣り鐘形の花には、甘い蜜がたっぷり。春の香りに誘われて、野鳥たちが集まります。


【3月下旬〜4月上旬】  春一番のにぎやかさ!おなじみのソメイヨシノがみごろをむかえます

 ソメイヨシノ咲き始めました

 イギリス風景式庭園のソメイヨシノが咲き始めました。
 早咲きの桜の春色に彩られた園内では、シダレザクラやオオシマザクラ、ヨウコウのつぼみも開き始めてきています。さあ、春に向かって花々のつぼみが大きくふくらんでゆきます。

 シダレザクラみごろ

 園内のシダレザクラの中でも、とくに早く咲く木が1本ある下の池。枝いっぱいにこぼれんばかりに咲いた、淡いピンクの小花。池沿いのベンチはシダレザクラの特等席。青空とのコントラストも鮮やかに、桜のピンク色のベールが、やわらかく風に揺れています。さあ、桜彩る御苑の春の幕開けです。

 ソメイヨシノ5分咲きです

 まるで夢の世界!幻想的な景色が広がる春の御苑は、絵筆で塗り上げたように、園内が淡いピンク色に染まります。
 間近で花々を愛でられるのが大きな魅力。こぼれ落ちるほどに咲き開いた木の幹に、背中を合わせて深呼吸。すっとからだのなかに、春の桜が香りはじめます。

【ソメイヨシノ豆知識】
桜といえばおなじみのソメイヨシノ。桜前線の基準木でもあり、全国的にポピュラーな桜のひとつです。新宿御苑の桜の中では、約420本と最も本数が多い種類。例年、開花後1週間でみごろをむかえ、満開後3〜5日には華麗な花吹雪が楽しめます。
<1997〜2010年のソメイヨシノ開花日>
■1997年 3/22(3/30)■1998年 3/25(3/31)■1999年 3/20(4/2)■2000年 3/27(4/5)
■2001年 3/22(3/29)■2002年 3/14(3/21)■2003年 3/25(4/1)■2004年 3/17(3/30)
■2005年 3/30(4/1)■2006年 3/22(3/31)■2007年 3/21(3/28)■2008年 3/22(3/29)
■2009年 3/21(4/3)■2010年 3/21(4/1)  ( )内は満開日です

 こんな年もありました!雪見ざくらを楽しもう

 東京の気温は3℃。朝から降り始めた雨は、昼過ぎにみぞれからやがてぼたん雪に変わりました。満開のソメイヨシノに、空から降り積もる雪がいっそう園内を白く包みこむ不思議な4月1日。静かな園内に鮮やかに、色とりどりの傘の花が咲きました。
 散り行く花びらではないけれど、はらはらと舞い落ちる雪と満開のサクラの前で、はいポーズ。花々の前ではみなあたたかい笑顔に変わります。 さあ、記念にもう一枚、はいポーズ!


【4月中旬〜4月下旬】  まさに春爛漫!御苑がもっとも華やかな季節です

 笑顔満開!春の御苑

 新宿御苑に春がやってきました。「わーっ!きれい!」ゲートくぐると、来園者のみなさんの表情もぱっと晴れやかに。
 イギリス風景式庭園の広い芝生を囲む八重桜。みごろの木の下にはいくつもの輪ができました。青空をバックに笑顔も満開です。さあ、お気に入りのサクラを見つけてピクニックを楽しみましょう。

 黄色い桜!?

 「えっ?これも桜?」
 黄色い桜でおなじみのウコンが開花しました。「黄色い桜」としてもおなじみの花。つぼみは紅色なのですが、開くと黄色にかわる、ちょっと不思議な桜。ショウガ科のウコン染めの鬱金色に花びらの色が似ていることが名前の由来です。
 特色あふれる里桜の咲き誇る春の園内で、新たな桜の魅力を発見してみませんか。

 紅色に染まる大木

 「開園前から並んで、一番にここに来るんだよ。毎日見に来てる」と、お目当ての方も多いチョウシュウヒザクラ。どっしりとした幹に大きく枝を伸ばし、あふれんばかりの大輪の花を咲かせる御苑の人気者。満開期には木全体が見事な紅紫色に染まります。

 新宿御苑の桜のベストシーズンです

 新宿御苑の桜の代表品種・イチヨウがみごろをむかえました。枝先に手まりのようにぽってりと咲き誇るボリュームたっぷりの八重桜。春の喜びを集めたような姿には、なんともいえず可愛らしい印象をうけます。
 魅力あふれる園芸品種の里桜を愛でるなら、この4月中旬が新宿御苑のベストシーズン!艶やかに咲き誇る桜の花々をお楽しみください。

 緑の桜みごろです

 特色あふれる里桜のなかでも、「緑の桜」でおなじみのギョイコウは、その色合いから人気の高い桜。淡いクリーム色の花びらに、黄緑色のラインの入ったやや小ぶりな八重咲きの桜です。
 御苑の桜の代表種・イチヨウをはじめ、紅色のカンザン、小豆色のフゲンゾウもみごろをむかえました。都会のオアシス新宿御苑に咲き誇る、華やかな里桜の花々をお楽しみ下さい。

 艶やかな八重桜・カンザンみごろ

 弓なりにのびた枝先に、ぼんぼりのように咲いたカンザン。公園などにもよく植えられている品種で、八重桜といえば、この桜をイメージする方も多いかもしれません。
 枝いっぱいあふれんばかりに咲き誇る艶やかな花々。「さあ、今日はどれにしようかな?」淡い紅色のイチヨウに黄色いウコンと、桜園地には色とりどりの桜のお花見ベンチが並びます。

【魅力あふれる新宿御苑の桜】
約65種1100本の桜が楽しめる新宿御苑。特に4月中旬頃に開花する園芸品種の里桜は見ごたえ十分。特色あふれる花々に、新たな桜の魅力を発見できます。
<本数の多い桜ベスト5>
1位・ソメイヨシノ(約420本)/2位・イチヨウ(約160本)/3位・ヤマザクラ(約130本)
4位・カンザン(約100本)/5位・オオシマザクラ、フゲンゾウ(約70本)  ( )内はおおよその本数です

© The National Gardens Association since 2007