最新情報:取扱商品

 今日は太陽が顔をのぞかせ、春らしい白くかすんだ青空が広がりました。
 昨日は冬が戻ってきたかのような、ひんやりと冷たい雨のそぼ降る一日でしたが、今日は一転して気温が19℃まで上がりました。
 お出かけにピッタリの陽気とあって、お客さまのなかには半袖の装いの方もいらっしゃいました。
170412a.JPG
(写真:イギリス風景式庭園の長州緋桜)
 
 イギリス風景式庭園や中の池など、園内各所の桜みどころスポットでは、たくさんのお客様が散策や記念写真を楽しんでいらっしゃいます。
170412b.JPG
(写真:イギリス風景式庭園)
170412d.JPG
(写真:日本庭園)
170412c.JPG
(写真:中の池)
 
 大寒桜(オオカンザクラ)や寒緋桜(カンヒザクラ)がみごろをむかえた新宿御苑。続いて高遠小彼岸(タカトオコヒガン)やヒマラヤ緋桜(ヒマラヤヒザクラ)などが咲きはじめ、園内は少しづつ春色に染まりはじめています。
(写真:オオカンザクラ)
170311a.JPG
 今日は吹く風は冷たいものの、すっきりと晴れた青空とぽかぽか太陽が心地よい一日です。お出かけ日和の週末の土曜日とあって、小さなお子様連れの親子やお友達同士のグループの姿がよく見られました
(写真:カンヒザクラ)
170311b.JPG
(写真:シュゼンジカンザクラ)
170311c.JPG
 新宿御苑には、散策時のランチや休憩にご利用いただけるよう、園内各所に売店やベンチ、テーブルを併設した休憩スペースがあります。
 庭園のほぼ中央に位置する中央休憩所は、イギリス風景式庭園のさわやかな木々とグリーンの芝生を眺めながら、ひと息つけるスポットです。160813p.JPG
 売店では、夏を楽しく快適に過ごすおすすめグッズとして手ぬぐいや団扇、風鈴をご紹介しております。
160813r.JPG
 今日は雲がうっすらと空一面に広がるお天気となりました。ときおり小雨がぱらつくものの、連日の暑さはだいぶやわらぎ、心地よい涼風が園内を吹き抜けています。
(写真:日本庭園)
y00.JPG
 学校ではいよいよ明日から夏休みがはじまります。子どもたちには待ちに待った夏休みですね。海や山など自然のなかへ出かけたり、お祭りや花火大会など、夏はイベント盛りだくさんの季節。新宿御苑も夏の休日をのんびりと過ごすファミリーの方が多くいらっしゃいます。
 
 新宿御苑ではこの夏休みシーズンにあわせて、夏季の開園時間延長がはじまります。
(写真:イギリス風景式庭園)
y01.JPG
 今日は7月に入って最初の日曜日。東京都心では午後2時頃には35℃まで気温が上がり、気象庁により今年はじめての猛暑日が観測されました。
y01.JPG
 7月とはいっても関東地方の梅雨明けは例年7月21日ごろ。まだまだ梅雨のさなかではありますが、園内から空を見上げると、夏を思わせるすっきりとした青空が広がります。
(写真:イギリス風景式庭園)
 
 ときおり園内を強い南風が吹き抜けるものの、太陽の下はじっとしていても汗ばむほどの陽気。ご来園のお客さまも、じりじりとした日差しを避けて、木陰でのんびりと寛いでいらっしゃいました。
(写真:イギリス風景式庭園・ハルニレ周辺)
y02.JPG
取扱商品 2016年5月12日 09:00

バラの魅力を味わってみませんか?

 5月のバラがみごろをむかえた新宿御苑。

 バラ花壇近くにある休憩所「レストハウス」の売店では、バラの魅力を楽しめるバラのジャムとバラのジュースをご紹介しています。

y06.JPG

yo01.JPG
 特色あふれる八重桜みごろをむかえた新宿御苑。広大な芝生が特徴のイギリス風景式庭園でも、枝いっぱいに花が咲いた八重桜の華やかな姿が目をひきます。
 この季節はついついゴージャスな八重桜にばかり注目しがちですが、いまはちょうど草木の芽吹きも元気になるころ。葉っぱのない冬木立の樹木や、冬枯れのらくだ色だった芝生が、日を追うごとに新緑の装いへと変わりはじめています。
(写真:イギリス風景式庭園)
 
 園内6か所の売店では、艶やかな八重桜と新緑を楽しむ「桜&新緑スイーツ」をご紹介しています。
(写真:レストハウス売店前で新緑に包まれるケヤキ)
yo02.JPG
取扱商品 2016年3月12日 12:14

新宿御苑で桜とスイーツを楽しもう♪

 三寒四温ともいう通り、暖かくなったかと思えば、寒の戻りによる急な冷え込みも多いのが、ちょうどこの時期ではないでしょうか。今日もひんやりと肌寒い一日となりましたが、園内ではたしかな春の訪れを告げるように、早春の桜がみごろをむかえています。
(写真:中の池のシュゼンジカンザクラ)
y01.JPG
 大小いくつもの池がある新宿御苑では、池や水辺で過ごす野鳥の観察が楽しめます。とくにお客さまに人気のある野鳥のひとつが、水辺の宝石とたとえられる青い鳥・カワセミ。御苑にはオスとメスあわせて数羽ほどのカワセミが暮らしているようで、しばしば池のそばで羽を休めたり、水面を飛ぶ姿が見られます。
(写真:下の池そばの木にとまるカワセミ)
yo01.JPG
 紅葉がみごろをむかえた新宿御苑。気温はやや低めですが、ぽかぽかと日差しの降りそそぐ園内は、日向を歩いていると上着もいらなくなるほどのあたたかさです。
y02.JPG
 こちらは黄金色に染まった温室前のイチョウの大木。光を浴びて、色づいた葉がきらきらと輝き、まるで一幅の絵画のような景色が広がります。木のそばにたたずむお客さまも、色づきの季節をむかえ、あらためて木々の雄大な姿を実感していらっしゃいました。
 
 園内の売店では、色づきの季節をむかえた新宿御苑を楽しむ「紅葉グッズ」をご紹介しています。
y01.JPG

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30