最新情報:夏のみどころ

夏のみどころ 2019年8月30日 16:28

季節のみどころ情報【8月30日号】

サルスベリ、ノシラン、ホンアマリリスの仲間などがみごろです、
 
 日本庭園や中の池などで、サルスベリがみごろになりました。漢字表記で「百日紅」の通り花期は長いので、9月中旬頃までお楽しみいただけそうです。中の池周辺では、水鏡のサルスベリ風景もお楽しみいただけます。         
o9.jpg 
 ノシランは、母と子の森や千駄ヶ谷門ゲート外、中の池、下の池周辺など園内各所でみごろです。濃緑の細葉の中に、純白の花穂を多くつけています。            
o7.jpg
夏のみどころ 2019年8月29日 14:52

秋の気配を感じるタイワンホトトギス

 8月も終わりに近づいていますが、本日は真夏に逆戻りしたような天気となり、園内のお客様も日傘をさしながら散策される方も多くいらしゃいました。ホトトギスというと、秋のイメージがありますが、8月の初めに開花したタイワンホトトギスが現在みごろをむかえています。
01na.jpg
夏のみどころ 2019年8月24日 14:59

ホンアマリリスの花が咲いています

 暦のうえでは処暑にあたり、開園間もない時間ですと園内はひんやりとした空気に包まれ、秋の気配を実感する季節となってきました。高い空に秋の鰯雲が浮かぶ頃になると、勢いよく地を割ってホンアマリリスの仲間が花柄を伸ばします。
o1.jpg
夏のみどころ 2019年8月22日 15:16

森のイソギンチャク? カジノキの実

 開園間もなくパラパラ降っていた雨も上がり、園内の樹々はたっぷり水分補給をして、嬉しそうに枝を広げているように見えます。
00n.jpg
 セミたちの大合唱が響き渡る母と子の森では、カジノキの実がみごろをむかえました。
 
夏のみどころ 2019年8月18日 15:03

キョウチクトウが咲いています

 お盆休み最終日の本日は、朝から青空が広がり、水やりの際に打ち水をした地面もすぐに乾いてしまうほどです。気温は高いものの昨日ほど上がらず、少しずつ秋が近づいているのを感じます。夏らしいさんさんとした太陽の光に包まれた園内、青々とした芝生が美しいこども広場や千駄ヶ谷門休憩所横では、夏の花キョウチクトウが咲いています。
01n.jpg
 
夏のみどころ 2019年8月16日 18:03

季節のみどころ情報【8月16日号】

カジノキミズキマルバチシャノキなどの実ががみごろです
 母と子の森ではカジノキの実が朱色に熟し、みごろをむかえました。イソギンチャクを思わせるような直径3㎝ほどのユニークな形の実です。甘い実は、カラスたちのお気に入りで、ときおり美味しそうに鳥たちがついばむ姿も観察できます。
190816o (49).JPG
夏のみどころ 2019年8月14日 15:58

清楚な仙人、センニンソウ

 今日は台風の影響か朝から、夏らしい入道雲が青空をすべり抜けたかと思うと急に、ザーっとバケツをひっくり返したような激しい雨が降り、その後にはまた太陽が顔をのぞかせたりと目まぐるしいお天気の一日です。
01n.jpg
 久しぶりに大量の水を得て、緑の輝きを増している母と子の森では、センニンソウがみごろをむかえ、甘い香りを漂わせています。
夏のみどころ 2019年8月11日 15:07

山の恵みに感謝!山の日です

 本日8月11日は山の日です。2016年に「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」事を趣旨として制定された国民の祝日で、今年で4回目です。
01n.jpg
夏のみどころ 2019年8月10日 16:48

トンボが静かに飛びかう池

 今日は朝から晴れているものの、台風の影響からか、昨日よりは少し暑さが和らいでいるようです。園内には母と子の森や玉藻池など各所に池があり、周辺ではトンボが夏空の下を静かに飛び交っています。
o1.jpg
夏のみどころ 2019年8月 9日 17:11

季節のみどころ情報【8月9日号】

カンレンボク、センニンソウがみごろです

  西休憩所横に植栽されているカンレンボクは、中国原産の落葉高木です。大きな木を見上げてみると、一番上のほうの枝から、小さな白い花が球状に集まって咲いています。
01na.jpg        
 センニンソウも、西休憩所横に植栽されています。キンポウゲ科のつる性の植物で、白い2~3㎝くらいの花がたくさん咲いています。見た目は可憐ですが、降り注ぐ太陽の陽ざしにも負けず、どんどん花を咲かせています。また、香りもよく、見た目も涼し気です。      
02na.jpg
 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30