最新情報:菊花壇展

菊花壇展 2016年11月14日 14:09

肥後菊花壇

 11月1日から始まった菊花壇展も残りあと1日となりました。昨日のぽかぽか陽気から一転、本日は空気がひんやりと冷たく、コートが欲しい日となりました。ご来園されたお客様も、厚手のコートやマフラーなど暖かな格好で菊花壇展を観賞されています。
01.JPG
02.JPG
 最後にご紹介するのは、翔天亭近くに植栽されている「肥後菊花壇」です。
03.JPG
菊花壇展 2016年11月13日 11:14

懸崖作り花壇

 11月1日よりスタートした新宿御苑秋の伝統行事・菊花壇展も本日で13日目。ほぼすべての花壇がみごろをむかえ、日本庭園が一層華やかに見えます。

161113s10.JPG

菊花壇展 2016年11月12日 12:30

一文字菊、管物菊花壇

 11月1日よりはじまった菊花壇展も会期後半をむかえました。
161112b.JPG
 昨日は吐く息も白く、一気に冬になったかのような冷え込みとなりましたが、本日は一転してぽかぽかとあたたかな一日となりました。
 すっきりと晴れた週末とあって、開園まもなくたくさんのお客さまが日本庭園に来場され、伝統の菊花壇展をご鑑賞なさっています。
(写真:第二露地花壇)
161112e.JPG
 本日ご紹介するのは「一文字菊、管物菊花壇」です。
 木の素材をいかした障子屋根の上家に、一文字菊13品種97株、管物菊13品種97株の計194株を、22列に1本仕立てで植え込んだ花壇です。
 会場となる日本庭園を順路に沿って進み、お茶室・楽羽亭の前でご覧いただけます。
161112d.JPG
菊花壇展 2016年11月11日 12:55

菊花壇展のみどころ情報【11月11日号】

 連日のあたたかさで、各花壇の菊も咲き進んでいます。大菊花壇がみごろとなり、続く様に、大作り花壇もみごろとなりました。伊勢菊・丁子菊・嵯峨菊花壇、江戸菊花壇、一文字菊・管物菊花壇なども続々と花が開いてきています。
161111m007.JPG
菊花壇展 2016年11月10日 14:00

新宿御苑を代表する「大作り花壇」

 11月1日から始まった「菊花壇展」も後半に入り、各花壇の特色ある美しい姿をお楽しみいただいています。
 今日は厚い雲の間から薄日が射したり、くもったり。園内はひんやりとした空気に包まれ、ご来園のお客さまも帽子やマフラー、フードで防寒なさっていらっしゃいます。
3.JPG
 本日は新宿御苑の菊花壇を代表する「大作り花壇」をご紹介します。
 大作り花壇は、木の素材を生かした障子屋根とよしず張りの上家に、大作り菊を陳列した花壇です。
 今年は上屋の正面に向かって左側から「裾野の輝(黄)500輪」、「裾野の月(白)518輪」、「裾野の輝(黄)500輪」を展示しています。
2.JPG
菊花壇展 2016年11月 9日 15:40

伊勢菊・丁子菊・嵯峨菊花壇

 朝のうち、空を覆うよう棚引いていた雲はすっかり切れ、青空が広がりました。それでも風が冷たく、少し歩くと手が冷たくなって、園内散策の際には暖かい飲み物が恋しい一日になりました。
 11月1日から開催している菊花壇展は、連日たくさんのお客様にお楽しみ頂いています。今年はゆっくりの開花でしたが、だんだんと咲き進み、美しい姿をご覧に頂けるようになりました。
1.JPG
 新宿御苑の秋を彩る菊花壇展。
 今年は寒さの影響もあってか、例年に比べてゆっくりとしたペースでの開花となりました。
 11月1日のスタートより1週間が過ぎ、初日にはつぼみがちだった花々もだんだんと咲きすすんできました。
(写真:江戸菊花壇)
161108a.JPG
 菊花壇展の会場である日本庭園は連日大変なにぎわいで、大作り花壇をはじめとする菊花壇のそばでは、カメラやスマートフォンを手にされたお客様がかわるがわる記念撮影を楽しんでいらっしゃいました。
(写真:大作り花壇)
161108b.JPG
菊花壇展 2016年11月 6日 15:07

大菊花壇

 朝早くから青空が広がり、爽やかな秋晴れになりました。日差しの下ではポカポカと暖かく絶好の行楽日和。開園間もなくたくさんのお客さまが来園され、レジャーシートを広げてお弁当を食べたり、鳥や木の実の観察しながら散策をされたりと、秋の日を思い切り楽しんでいらっしゃいます。
1.JPG
 11月1日から始まった菊花壇展も、今日で6日目になりました。今年は9月の日照不足の影響で、全体的にゆっくりの開花ですが、大菊花壇は順調に咲き進み、みごろまでもう一息といったところです。
2.JPG
161105a.JPG
 毎年11月1日から15日まで日本庭園を会場に開催し、会期中は特別開園期間として毎日休まず開園します。
161105aa.JPG
 新宿御苑の菊花壇は、回遊式の日本庭園内に上家(うわや)といわれる建物を設け、特色あふれる菊の花々を独自の様式を基調に飾り付けた花壇です。
 それぞれの花壇は、順路に沿ってご覧いただくと、もっとも美しく鑑賞できるようにデザインされています。
(写真:江戸菊花壇)
161105c.JPG
 会場となる日本庭園のほか、新宿御苑の各入園門である新宿門、大木戸門、千駄ヶ谷門やレストラン前にも、大作りや懸崖作りを展示し、艶やかな雰囲気を演出しています。
(写真:新宿門)
161105ca.JPG
 また、今年は日本庭園の中央入口(中央休憩所横)に、フランスのヴェルサイユ造園学校の学生が仕立てを行った大作りを展示しています。この取り組みは新宿御苑とフランス・ヴェルサイユとの交流事業の一環で、今年の夏にヴェルサイユ国立高等造園学校生をむかえ、新宿御苑で技術講習を行ったものです。
161105cb.JPG
菊花壇展 2016年11月 4日 17:10

菊花壇展のみどころ情報【11月4日号】

 今年は例年に比べて全体的に少しゆっくりな開花となっており、会期後半にかけて徐々に各花壇がみごろとなりそうです。
161104i01.JPG
(写真:第一露地花壇)

2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30