最新情報:歴史

 台風18号が接近している影響か、朝から雨脚が強くなったり弱くなったりと不安定な気候となっています。ご来園されたお客様も雨を避けるように、休憩所で雨の風景を眺めたり、温室鑑賞などを楽しまれていらっしゃいます。
01.JPG
 「巨樹」をテーマに、新宿御苑の歴史的な巨樹をご紹介するシリーズも第7回となる今回は、日本に自生する広葉樹であるカツラをご紹介します。
02.JPG
 連日気温が30℃近くまで上がり、夏が戻ってきたかのような気候となっています。ご来園されたお客様は、日向を避けて日陰の多い外周園路やイギリス風景式庭園の巨樹が作り出す木陰にレジャーシートを拡げてピクニックするなど、休日をのんびりと過ごされていました。
01.JPG
02.JPG
「新宿門の近くの大木のプラタナスは何歳くらいなの?」とお客様よりインフォメーションセンターにお問い合わせがありました。街路樹などでよく見かけるプラタナスですが、新宿御苑が発祥の地となっているのをご存知ですか?
03.JPG
 松の葉に残った雨粒に太陽の光が射してキラキラと輝いています。木陰は気持ちの良い風が吹き抜けお散歩にぴったりの気候になりました。
1.JPG
2.JPG
 「巨樹の歴史を知ろう!」第6回目はハクモクレンをご紹介します。
 
 本日8月31日は『野菜の日』です。これは昭和58年(1983)に全国青果物商業協同組合連合会など9団体が、「もっと野菜のことを知ってほしい」という想いで「8(ヤ)3(サ)1(イ)」の語呂合わせから制定した記念日です。
170831a.JPG
 新宿ゆかりの江戸東京野菜・内藤とうがらしをはじめ、新宿御苑の歴史をひも解いていくと、さまざまな野菜が登場するのはご存知でしょうか?
 今日は野菜の日にちなみ、「新宿御苑と野菜」をテーマに、御苑の歴史と関わりの深い野菜をご紹介したいと思います。
(写真:内藤とうがらし※現在、園内で鉢の展示は行っておりません)
 
歴史 2017年8月23日 12:58

旧洋館御休所

 8月に入ってから連日雨が降り、秋を思わせるような涼しい日が続いていましたが、本日は久しぶりに青空が広がり夏らしいお天気となっています。気温もぐんぐんと上がり、お昼ごろには35℃近くまでなり、ご来園されたお客様も日傘や帽子などを身に着け、木蔭を巡りながら散策を楽しまれていらっしゃいました。
01.JPG
02.JPG
 サービスセンター近くで、お客様に「素敵な建物があるけど、あれは何かしら?」とご質問を頂きました。こちらは、旧洋館御休所という明治大正期における皇室関係の庭園休息施設としては唯一の遺構であり、平成13年(2001)に重要文化財(建造物)に指定された建物です。
 ツツジ山の一角に、独創的な形の老木があるのをご存知でしょうか?この木は北アメリカ原産の落葉高木アメリカキササゲです。新宿御苑の記録では、明治7年(1874)にラクウショウやヒマラヤシーダーとともに種子を輸入して栽培したのがはじまりとされており、この木は、その当時に植えられたものと言われています。
1.JPG
 シトシトシトと雨が降りつづきビルが霞んで見えます。今日はあまり気温が上がらない予報で、涼しい一日になりそうです。
0.JPG
    今週半ばは、今年最高気温の猛暑日になりましたが、本日はとても過ごしやすい涼しい気温となっています。新宿門からほど近い母と子の森では、昨夜からの雨をたっぷりとふくんだ樹々たちが瑞々しくたたずんでいます。
5.jpg
 シトシトと降っていた雨は開園前にあがりました。真夏の太陽は空一面を覆う雲に隠れ、今日は過ごしやすい気温になりました。しっとりとした空気の園内は、植物と土のいい香りがします。
1.JPG
歴史 2017年8月 9日 12:01

真夏の涼を求めて 旧御凉亭

 今日は朝からぐんぐんと気温が36℃まで上昇し夏らしい一日となりました。園内は周りより気温が2~3℃ほど低いと言われていますが、その中でもより涼しさを感じるスポット、旧御凉亭をご紹介します。

170809s04.JPG

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31