最新情報:温室

温室 2017年8月 9日 11:30

温室みどころ情報【8月9日号】

170809o00.JPG
 ハイビスカスの仲間のブッソウゲ(紅)、香りのよいギンコウボクイエライシャンカカオアカバナナの花と実、パパイアバナナの実など、南国の花やフルーツが楽しめます。
170809o01.JPG
(写真:洋ラン)
 
 温室内各所の展示スペースではみごろの洋ラン、食虫植物のウツボカズラ、プルメリア、パイナップルリリー、オルニソガラム、日本の絶滅危惧植物などを展示しています。
 ※植物の状態によって鉢は適宜入れ替えを行っています。
170809o02.JPG
(写真:ウツボカズラ)
170809o03.JPG
(写真:プルメリア)
170809o05.JPG
(写真:手前がパイナップルリリー、奥がオルニソガラム)
170809o06.JPG
(写真:絶滅のおそれのある日本の水生植物、左からアサザ、ミズキンバイ、ヒメコウホネ)
170809o07.JPG
170809o08.JPG
 人気のサガリバナはみごろをすぎました。つぼみがまだ少し残りますが、これからは、ぽつぽつと花が咲いて花期が終わりそうです。
170809o09.JPG
(写真:咲き終わったサガリバナの花)
 
 新宿御苑の大温室は、極端な高温が苦手な植物のため、地中に埋め込まれたクールチューブから冷気を取り入れたり、窓を開けて外気を取り入れるなどして、空調管理を行っています。
170809o10.JPG
 熱帯性スイレンが咲く池は、滝から流れ落ちる水しぶきが涼を誘います。
 ご来園の際はぜひ大温室にもご来場ください。
170722ak.jpg
■2014新宿御苑フォトコンテスト入賞作品
「彩色」白石幸伸さん
 
【大温室の開館時間】
 9:30~15:30(15:30入館終了、16:00閉館)
※ただし、8/11(金祝)、8/12(土)、8/13(日)、8/19(土)、8/20(日)、8/26(土)、8/27(日)につきましては、9:30~16:30(16:30入館終了、17:00閉館)です。
 
温室 2017年8月 3日 15:34

夏の大温室

    夏真っ盛りの園内ですが、今日は少し季節が巻き戻ったかのように涼やかな風が吹いています。本日は夏でもいろいろな植物をご覧いただける大温室をご紹介いたします。

    ガラス張りの大温室は、大木戸門から入ってすぐ右手に見えてきます。温室は夏にはさらに温度が高いイメージがありますが、新宿御苑の大温室は、極端な高温を嫌う植物もあり、地中に作られクールチューブから冷気を取り入れたり、窓を開けて外気を取り入れて、空調管理を行っています。ここ数日涼しい日が続いていますので、温室内も快適です。

8.jpg
 7月22日に開花をお知らせした大温室のサガリバナがみごろをむかえました。別名サワフジとも呼ばれる名前のとおり、フジの花のように花穂が長く垂れ下がり、薄ピンク色のふわふわとした花がたくさん咲いています。
170727a.JPG
 平成24年(2012)11月に御苑の大温室がリニューアルオープンしてから今年で5年目になりますが、開館以来これまでで一番といえるほどたくさんの花芽がついています。
170727b.JPG
温室 2017年7月22日 11:00

温室みどころ情報【7月22日号】

 サガリバナ、ハイビスカスの仲間のブッソウゲ(紅)、香りのよいギンコウボクカカオパパイヤの花バナナレモンの実など、南国の花やフルーツが楽しめます。
170722aa.jpg
■2016新宿御苑フォトコンテスト入賞作品
「浮遊花」黒田良男さん
(写真:サガリバナ)
 
 温室内各所の展示スペースではみごろの洋ラン、食虫植物のウツボカズラ、プルメリア、パイナップルリリー、オルニソガラム、ヘリコニアのほか、特設コーナーにて日本の絶滅危惧植物を展示しています。
 ※植物の状態によって鉢は適宜入れ替えを行っています。
170722ab.JPG
(写真:洋ラン)
170722ac.JPG
(写真:ウツボカズラ)
170722ad.JPG
(写真:プルメリア)
170722ae.JPG
(写真:手前がパイナップルリリー、奥がオルニソガラム)
170722ag.JPG
(写真:ヘリコニア)
170722ah.JPG
(写真:日本の絶滅危惧植物コーナー)
170722ai.JPG
(写真:ヒメコウホネ)
 
 冬はぽかぽかとあたたかい温室ですが、「夏はすごく暑そう!」と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 新宿御苑の大温室は、極端な高温が苦手な植物のため、地中に埋め込まれたクールチューブから冷気を取り入れたり、窓を開けて外気を取り入れるなどして、空調管理を行っています。
 また熱帯性スイレンが咲く池は、滝から流れ落ちる水しぶきが涼を誘います。
170722aj.JPG
 ご来園の際はぜひ大温室にもご来場ください。
 
【大温室の開館時間】
 9:30~15:30(15:30入館終了、16:00閉館)
※ただし、7/22(土)、7/23(日)、7/29(土)、7/30(日)、8/5(土)、8/6(日)、8/11(金祝)、8/12(土)、8/13(日)、8/19(土)、8/20(日)、8/26(土)、8/27(日)につきましては、9:30~16:30(16:30入館終了、17:00閉館)です。
 
 
■2014新宿御苑フォトコンテスト入賞作品
「彩色」白石幸伸さん
170722ak.jpg
温室 2017年6月27日 12:00

温室みどころ情報【6月27日号】

 みごろの洋ランや食虫植物のウツボカズラ、絶滅危惧植物の鉢展示、カカオの花と実、バナナやパパイヤ、レモンの実などが楽しめます。
170627a.JPG
(写真:洋ラン)
170627b.JPG
(写真:カカオの花)
170627c.JPG
(写真:カカオの実) 
 
 温室内各所の展示スペースで洋ラン、食虫植物のウツボカズラ、ホザキノトケイソウ、プルメリア、タマツルクサなどのほか、特設コーナーにて絶滅危惧植物を展示しています。
 ※植物の状態によって鉢は適宜入れ替えを行っています。
170627d.jpg
(写真:ウツボカズラ)
170627e.JPG
(写真:ホザキノトケイソウ)
170627f.JPG
(写真:プルメリア)
170627fa.JPG
(写真:タマツルクサ)
170627g.JPG
(写真:絶滅危惧植物コーナー)
170627h.JPG
(写真:絶滅危惧植物コーナーよりツルラン)
170627i.JPG
(写真:絶滅危惧植物コーナーよりイソフジ)
170627j.JPG
(写真:絶滅危惧植物コーナーよりアサザ)
 
 お問合せの多いのサガリバナは、花のつぼみが伸びはじめました。1週間から10日くらいかけて開花する見込みです。つぼみの数は少ないので開花期は短そうです。
170627ja.JPG
170627jb.JPG
170601a.jpg
 5月30日(火)から大温室で環境月間特別企画「日本絶滅危惧植物展」がはじまりました。植物をより身近に感じ、保全に向けた取り組みに関心を持っていただくため、6月の環境月間にあわせて開催する特別企画展です。
170601c.JPG
 大温室内を順路に沿って巡りながら、絶滅危惧植物を守る新宿御苑の取り組みと、御苑で保全を行っている日本産の絶滅危惧植物のうち約30鉢の展示をご覧いただけます。
170601b.JPG
 また、環境月間にちなみ6月3日(土)と6月4日(日)は無料開園します。
170601f01.JPG
(写真:パフィオペディルム属/Paphiopedilum spp.〔ワシントン条約 付属書Ⅰ類〕)
 
【環境月間って?】
 環境省の主唱により、6月5日は「環境の日」、6月の1ヶ月間は「環境月間」としています。これは1972年6月5日にストックホルムで開催された「国連人間環境会議」を記念して定められたもので、世界各地で環境の保全についての関心と理解を深め、行動に繋げることを目的としたイベントが開催されます。
 
(写真:ハナシノブ/Polemonium kiushianum〔絶滅危惧ⅠA類(CR)〕)
170601f08.JPG
温室 2017年5月25日 13:00

温室みどころ情報【5月25日号】

 ミッキーマウスノキ、バニラ、カカオの花と実、バナナやパパイヤの実、みごろの洋ランや食虫植物のウツボカズラなどが楽しめます。

170525o02.JPG

(写真:ミッキーマウスノキ)

170525o03.JPG
(写真:バニラ) 
170525o04.JPG
170525o05.JPG
(写真:カカオの花と実) 
 
 人気のヒスイカズラは、花数は少なくなりましたが、まだまだ数房ほど花が咲いています。お早めにどうぞ。
170525o06.JPG
(写真:ヒスイカズラ)
 
 温室内各所の展示スペースで洋ランのほか、食虫植物のウツボカズラ、タマツルクサ、ヒゴロモコンロンカ(緋衣崑崙花)など展示しています。
 ※植物の状態によって鉢は適宜入れ替えを行っています。
(写真:洋ラン)
170525o07.JPG
(写真:ウツボカズラ)
170525o08.JPG
(写真:ヒゴロモコンロンカ)
170525o11.JPG
温室 2017年5月 7日 11:30

温室みどころ情報【5月7日号】

onsitu1.JPG
 人気のヒスイカズラ、みごろの洋ランや食虫植物のウツボカズラミッキーマウスノキカカオの花、バナナやパパイヤの実などが楽しめます。
hisuikazura4.JPG
(写真:ヒスイカズラ)
yoran.JPG
(写真:洋ラン)
miki.JPG
(写真:ミッキーマウスノキ)
 
 温室内各所の展示スペースで洋ランのほか、食虫植物のウツボカズラ、タマツルクサ、アマリリスなど展示しています。
 ※植物の状態によって鉢は適宜入れ替えを行っています。
yoran2.JPG
(写真:洋ラン)
utubo.JPG
(写真:ウツボカズラ)
tamaturu1.JPG
(写真:タマツルクサ)
tamaturu2.JPG
(写真:アマリリス)
amaririsu.JPG
 2月7日2月21日の記事でもご紹介した大温室のヒスイカズラ(翡翠葛)。順調に花が咲きすすみ、みごろをむかえています。
 フィリピン諸島の熱帯雨林にのみ自生するつる植物で、名前の通り、まさに宝石の翡翠を思わせる色彩と花形が特徴です。
 英名でも翡翠色のつる植物を意味する「Jade Vine」と呼ばれています。
170226a.JPG
 昨年よりもさらに花数が増え、房状の花がまるでモビールのようにいくつも棚から垂れ下がっています。日の光によって微妙に色味も変化します。
170226b.JPG
温室 2017年2月21日 12:00

温室みどころ情報【2月21日号】

onsitu01.JPG
onsitu00.JPG
(写真:ヒスイカズラ)
onsitu02.JPG
(写真:洋ラン)
onsitu03.JPG
onsitu04.JPG
(写真:アカバナナの花)
 

2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31