最新情報:新宿御苑の見どころ

新宿御苑の見どころ 2018年5月19日 15:17

仏教三大聖樹 サラソウジュが花を付けました

 今日は午前中は日差しが強かったですが、午後になると雲が出はじめ、だんだんと過ごしやすい気温に落ち着いてきました。初夏の花が咲き誇る園内、温室の熱帯低地の植物コーナーではサラソウジュが花を付けました。

180519_307.JPG

新宿御苑の見どころ 2018年5月19日 11:00

【5/19(土)~20(日)】バラガイドウォークを開催します

 フランス式整形庭園のバラ花壇では、赤やローズピンク、薄ピンク、クリーム、黄色、オレンジ、紫、薄紫、白、絞りなど、110種約500株のバラが色とりどりに咲き誇り、新緑の園内にひときわ華やかな彩りを添えています。
180509a.JPG
 バラの開花時期にあわせて、5月19日(土)~20日(日)は「新宿御苑のバラを作る人と語るガイドウォーク」を開催しました。
 1日目の今日はお天気にも恵まれ、ときおり吹き抜けるさわやかな風が心地よい初夏らしいお天気となりました。
180509b.JPG
 新宿御苑のバラ花壇は、ボランティアグループ「グリーンアカデミークラブ」のバラ班の皆さんのご協力を得て、栽培管理を行っています。
 ガイドウォークでは、管理に携わるボランティアのみなさんが、美しくバラの花を咲かせるための栽培のコツや、バラの特徴や歴史、香りなどを分かりやすくご紹介します。
 
新宿御苑の見どころ 2018年5月18日 12:32

季節のみどころ情報【5月18日号】

サツキ、ウツギなどがおすすめです!
 
 日本庭園や中の池近くなどではサツキがみごろをむかえています。ピンク色の花が木全体に咲き誇り、目立っています。特に日本庭園は植栽数が多く、おすすめスポットです。
180518s22.JPG
 母と子の森ではウツギがみごろをむかえています。枝垂れるような枝に沢山の白い花を咲かせており、とてもきれいです。
180513s12.JPG
180517a.JPG
 5月のバラがみごろをむかえた新宿御苑。園内で最も華やかな雰囲気のフランス式整形庭園で、5月19日(土)、20日(日)の2日間限定で「新宿御苑のバラを作る人と語るガイドウォーク」を開催します。
180517b.jpg
 新宿御苑のバラ花壇は、ボランティアグループ「グリーンアカデミークラブ」のバラ班の皆さんのご協力を得て、栽培管理を行っています。美しくバラの花を咲かせるための栽培のコツや、バラの歴史や品種、香りなどを分かりやすくご紹介します。
 
新宿御苑の見どころ 2018年5月17日 15:12

ドクダミがみごろです

 今日は朝から気温は高いものの曇り空で、時折強い風の吹く涼やかな過ごしやすい一日となりました。徐々に緑が濃くなってきた園内、サービスセンター近くなどではドクダミがみごろをむかえています。
180517s6.JPG
新宿御苑の見どころ 2018年5月16日 12:58

コバノズイナのあるテラス

 今日も朝から雲一つない青空が広がりました。お日様はキラキラと眩しく、気温はグングンと上がり夏日になりました。こんな日には、水辺に近いテラス席でゆったりとした時間を過ごすのは、いかがでしょうか?
1 (3).JPG
 中の池を臨むレストハウスの1階にはテラスがあり、すぐ横にはコバノズイナの花がみごろをむかえています。
 平成30年5月29日(火)より新宿御苑の大温室で「日本絶滅危惧植物展」を開催します。
h30zetumetukigusyu.jpg
 環境省の主唱により、6月5日は「環境の日」、6月の1ヶ月間は「環境月間」となっております。
 これは1972年6月5日にストックホルムで開催された「国連人間環境会議」を記念して定められたもので、世界各地で環境の保全についての関心と理解を深め、行動に繋げることを目的としたイベントが開催されます。
 
 新宿御苑では6月の環境月間にあわせて、5月29日(火)から6月3日(日)の期間に、大温室で「日本絶滅危惧植物展」を開催します。
 絶滅危惧植物を守るための様々な取り組みをパネルでご紹介するとともに、新宿御苑で栽培している日本の絶滅危惧植物も展示します。
 
 また、6月2日(土)および6月3日(日)環境月間にちなみ無料開園いたします。
 なお、無料開園日には年間パスポートの発行申請を受け付けておりませんので、予めご了承ください。
 
 みなさまのご来園をお待ちしております。
 
■日本絶滅危惧植物展■
【会期】平成30年5月29日(火)~6月3日(日)
【会場】新宿御苑 大温室
【開館時間】9:30~15:30(15:30入館終了、16:00閉館)
新宿御苑の見どころ 2018年5月13日 09:38

タイサンボクが咲きはじめました

 今日は朝から曇り空で、涼やかな風が吹く過ごしやすい一日となりました。初夏の香り漂う園内、大温室近くやレストハウス近くではタイサンボクの花が咲きはじめました。
180513s09.JPG
 毎年5月10日から16日の一週間は「愛鳥週間(Bird Week)」です。野鳥の保護を推進し、野鳥を大切にする気持ちを広めるために設けられました。期間中は全国各地で探鳥会や講演会など、野鳥保護にちなんだ様々な行事が開催されます。
 
 5月5日の立夏を過ぎ、新宿御苑に暮らす生きものたちの活動も活発になってきました。園内の生きものの中で特に親しみやすいのが野鳥です。耳を澄ませば園内各所で野鳥のさえずりが聞こえ、元気に飛びかう姿を目にする機会も多いのではないでしょうか。
180512a.jpg
【新宿御苑フォトコンテスト入賞作品】「緑輝く時」 中山基司さん
 
 この季節ならではといえるのが、巣立ったばかりの野鳥のヒナ(雛)との出会いです。木々がぐんぐんと枝葉を広げ、草木が茂るこの季節は、野鳥たちにとっては子育てシーズン真っ最中。そして、すくすくと育ったヒナが巣立ってゆく季節でもあります。
(写真下:シジュウカラの巣立ち雛)
180512b.JPG
新宿御苑の見どころ 2018年5月11日 12:05

季節のみどころ情報【5月11日号】

バラ、ハコネウツギなどがおすすめです!
 
 バラは、フランス庭園中央にある花壇で引き続きみごろです。昨日の雨で、一部の花は花びらが散りましたが、まだまだ綺麗にお楽しみいただけます。みごろは5月中旬ごろまで。     
01.JPG
02.JPG

2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31