最新情報:新宿御苑の見どころ

新宿御苑の見どころ 2018年1月18日 14:12

モフモフなハクモクレンの冬芽

 今日は朝からあたたかく春のような陽気で過ごしやすい一日となりました。昨日の雨で潤った園内、新宿門近くや日本庭園・お茶室楽羽亭前ではハクモクレンの冬芽があたたかそうです。

180118_1.JPG
(写真:新宿門近く)
180118_5.JPG
(写真:日本庭園・お茶室楽羽亭前)
新宿御苑の見どころ 2018年1月17日 11:00

次世代の命を紡ぐユリノキの"冬の花"

 先日お客さまから「ユリノキの花は咲いていますか?」とお問い合わせをいただきました。
 春の花夏の緑秋の黄葉と、四季折々に変化する装いが楽しめますが、「冬にも花は咲くのだったかしら?」とユリノキを訪ねてみることにしました。
180117a.JPG
 冬枯れしたミルクティー色の芝生に、葉を落とした巨樹が堂々とたたずむイギリス風景式庭園。その広い芝生の中央で、ゆったりと枝を伸ばしているのが、新宿御苑のシンボルツリーとして親しまれるユリノキです。
180117b.JPG
 巨樹を見上げると、すぐにユリノキの“冬の花”が見つかりました。近くで見ると、ますますお花にそっくりですね。これはいったいなんだと思いますか?
 
新宿御苑の見どころ 2018年1月14日 11:00

日本ではじめてイチゴが生まれた新宿御苑

 明日1月15日は「いちごの日」。これは「いい(1)いち(1)ご(5)」の語呂合わせから、全国いちご消費拡大協議会により制定された記念日です。
 12月から5月はとくにイチゴが多く出回る旬の時期なので、店先などでも目にする機会が多いのではないでしょうか。
 イチゴは生で食べるのが定番ですが、ソースやジャム、ジュースの材料や、アイスクリームやケーキ、チョコレート、いちご大福、フルーツあんみつなど、和洋さまざまにスイーツに用いられることも多いですね。
180114a.JPG
(写真:「内藤とうがらしとイチゴのソース添えアイスクリーム」甘さとスパイスのハーモニー♪レストランゆりのき、カフェはなのきでご提供しています)
 
 子どもから大人まで幅広い世代に愛されるイチゴですが、じつは新宿御苑とも深いつながりがあるのは知っていますか?
 明治時代の新宿御苑は宮中の御料農場で、野菜や果樹、花卉の栽培研究を進め、民間への普及にも力を入れました。明治31年(1898)には、現在のイチゴのルーツとなる「福羽苺」を作出し、その後、高級品種として全国でも栽培されるようになりました。
 
 今日はそんな新宿御苑とイチゴの歴史にまつわるエピソードをご紹介いたします。
 
新宿御苑の見どころ 2018年1月13日 15:00

ピンク鮮やか♪マユミの実

 今日はグンと冷え込み、歩いていると頬が痛くなるほどの寒さになりました。お客様は帽子、マフラー、手袋等で、しっかりと防寒されて散策を楽しまれています。
1 (2).JPG
 新宿門から大木戸門に向かう園路で、「あれは、なんの花ですか?」とお客様からご質問いただきました。高い木なので気が付かずに通り過ぎてしまいそうですが、見上げると青空にピンク色がとてもきれいです。花が咲いているように見えますが、実はこれはマユミの実です。
新宿御苑の見どころ 2018年1月12日 14:12

季節のみどころ情報【1月12日号】

スイセン‘ペーパーホワイト’、ジャノメエリカなどがおすすめです!
 
 園内各所でスイセン‘ペーパーホワイト’がみごろをむかえています、下の池近くやサービスセンター近くでは一面に咲き誇っており、白い花が濃い緑色の葉に映えとてもきれいです。
180112s03.JPG
 サービスセンター前ではジャノメエリカがみごろをむかえています。小さなピンク色の花が木全体を染め上げており綺麗です。
180112s11.JPG
 朝から雲ひとつない快晴ですが、気温は10℃を下回り肌寒い日となっています。ご来園されたお客様の服装も厚手のコートにマフラーや手袋を付け、防寒対策をされて冬の御苑散策を楽しまれていらっしゃいます。
 新宿門から入られて大木戸門へ向かう園路を進んでいくと、旧洋館御休所の前に円錐形の美しい樹形のヒマラヤスギがご覧いただけます。
01.JPG
(旧洋館御休所前のヒマラヤスギ)
新宿御苑の見どころ 2018年1月 8日 10:49

ロウバイ類が咲きはじめました

 今日は朝から曇り空で気温も低く、冬本番といった天気となりました。寒い中でもいろいろな植物たちが変化を見せてくれる園内、サービスセンター近くなどではロウバイ類が咲きはじめました。

180108m07.JPG

新宿御苑の見どころ 2018年1月 7日 14:00

温室みどころ情報【1月7日号】

180107a.JPG
 温室内各所の展示スペースでみごろの洋ランや食虫植物のウツボカズラなどを展示しています。
 ※植物の状態によって鉢は適宜入れ替えを行っています。
 
 ネムノキの仲間のオオベニゴウカン白花オオベニゴウカンドムベヤ・ウォリッキイの花のほか、チョコレートの実でおなじみカカオバナナレモンアラビアコーヒーの実なども楽しめます。
 
 新宿門側入口近くの展示コーナーではタコノキの実、レモンマートルの葉の実物を展示しています。
 ご来園の際はぜひ大温室へご来場ください。
 
【大温室の開館時間】
 9:30~15:30(15:30入館終了、16:00閉館)
 
【大温室の一部エリアの立ち入り制限につきまして】
 大温室の天窓ガラスに不具合が発生したため、館内の一部エリアの立入禁止を行っており、通行いただけない区域があります。
180107b.JPG
新宿御苑の見どころ 2018年1月 7日 13:00

お日様みたいな「フクジュソウ」

 今朝も氷点下を観測しました。厳しい寒さが続いていますが、真冬の東京らしい、すっきりとした青空が広がっています。
 園内各所で、新年の花とされるフクジュソウが咲き始めました。別名、元日草ともいわれ、古くからお正月に咲くように栽培されてきた花です。
1.JPG
新宿御苑の見どころ 2018年1月 6日 17:00

霜に結氷、氷の花♪冬の風物詩を探しに行こう

 今朝は放射冷却が強まった影響で、関東中心に今シーズン一番の冷え込みとなりました。東京都心でも午前5時30分に気温がマイナス1.4℃まで下がり、今季の最低気温を記録したそうです。
180106a.JPG
 昨日5日は寒の入り(小寒)。寒さはこれから本番をむかえ、池や川の氷も厚みをます頃とされています。
 新宿御苑でも、霜や結氷、土を持ち上げる霜柱のほか、母と子の森では氷の花でおなじみシモバシラが見られました。まるで真っ白な繭玉のようにも見えますが、ふれるとひんやり冷たい氷の結晶です。
(写真↑:日本庭園、写真↓:シモバシラ)
180106b.JPG

2018年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31