2019年12月アーカイブ

庭園を守る取り組み 2019年12月10日 12:00

東京消防庁より人命救助の感謝状が授与されました

11月16日、新宿御苑内で発生した心肺停止状態の男性へ、国民公園協会新宿御苑の職員が連携して、119番通報と心肺蘇生処置による救命対応を行いました。この救護処置が人命救助につながり、東京消防庁四谷消防署より感謝状をいただきました。
191210a.jpg
 国民公園協会では、これまで新宿御苑における園芸文化の普及啓発事業において、(公社)園芸文化協会と協働して、花市場や菊花壇鑑賞会などのイベントを行ってきました。
191209a.JPG
 11月25日(月)および12月9日(月)の休園日に、冬季および春季の花壇植栽に向けて、園芸文化協会の園芸家の奥峰子さんに監修をいただき、三角花壇の植え替えと、丸花壇・三角花壇へ皇室献上チューリップ球根の植え付けを行いました。
 春に咲く皇室献上チューリップを主役に、花壇全体が調和する一年草を取り入れてデザインしました。
191209b.JPG
開催報告・レポート 2019年12月 8日 15:41

翔天亭にて、お茶席体験イベントを開催しました

01n.jpg
 朝から清々しい青空が広がっている散策日和の本日、日本庭園の茶室・翔天亭にて、お茶席の体験イベントを開催しました。今回の茶会のテーマは「12月の新宿御苑の楽しみ方」です。
 
茶室 2019年12月 7日 13:22

お点前見学イベントを開催しました

 本日、日本庭園にある茶室「楽羽亭」において、お点前の見学イベントを行いました。
 通常、楽羽亭では、立礼席での呈茶を行っていますが、この見学イベントでは、特別にお点前をご覧いただけます。
01na.jpg
 
紅葉 2019年12月 6日 15:01

紅葉のみどころ情報【12月6日号】

 新宿門や日本庭園のカエデ類は紅葉のアーチになっています。下の池のモミジ山側にあるカエデ類は、池に紅葉が映り込み、メタセコイアの紅茶色の紅葉とともに人気のフォトスポットとなっています。
■カエデ 新宿門■
01n.jpg
晩秋のみどころ 2019年12月 6日 14:52

季節のみどころ情報【12月6日号】

 ヒマラヤザクラがみごろです
191206o (144).jpg
 秋咲きのサクラ、ヒマラヤザクラがサービスセンターの近くで満開、淡紅色の花を咲かせています。オシベが長く突き出しているのが特徴で豪華です。12月中旬頃までみごろの見込みです。
■紅葉ライトアップ■開催中!
108.jpg
 新宿御苑における紅葉が深まる季節に合わせて、紅葉ライトアップを行います。
【日時】
2019年12月5日(木)~12月8日(日)
17:30~19:30(入園は19:00まで)
【会場】
新宿御苑内 千駄ヶ谷門周辺エリア
※一旦閉園した後にライトアップのため千駄ヶ谷門のみを再開門。
※再入園の方は千駄ヶ谷門とゲートの間の広場に待機可能。
 
開催報告・レポート 2019年12月 5日 19:00

紅葉のライトアップがはじまりました

 12月5日(木)から千駄ヶ谷エリアにて紅葉のライトアップがはじまりました。

s101.JPG

開催予定のイベント 2019年12月 5日 19:00

【イベント開催予告】12/8(日)翔天亭でお茶席体験

 12月8日(日)に翔天亭でお茶席の体験イベントを開催します。
 日本庭園にあるお茶室の「翔天亭」は、最初明治39年(1906)に新宿御苑の造営とともに建造されて今で三代目。今の建物は新宿御苑で営まれた昭和天皇の殯宮(もがりのみや)の木材を再利用して建てられました。
0k.jpg
 茶会のテーマは「12月の新宿御苑の楽しみ方」です。
 
 今、御苑に咲いているスイセンの花言葉に秘められた物語があります。これを聞けばどうしてスイセンの花言葉が「自己愛」なのかわかりますよ。またこれから咲くフクジュソウの学名はアドニス。アドニスはギリシア神話の猟師の名前で、悲しい物語があります。愛の女神アフロディーテとキューピットが登場する興味深いお話です。
 
 待合席の干菓子は「寒椿」、本席の主菓子は「冬ごもり」です。抹茶は京都森半から「三枝の栄」を取り寄せました。
 そして大切な今回の床の間のお軸は広瀬淡窓の七言絶句「塾生に告ぐ」。寒い冬に元気をくれる漢詩です。書は藁筆の書家、野中江峰にお願いしました。
5k.jpg
 お茶席に馴染みのない人にも分かりやすく説明、解説しますので、よく理解して楽しむことができます。
 みなさまのご来場をお待ちしております。
 
■お茶席の体験イベント
【日 時】2019年12月8日(日)10:00~15:30
【場 所】翔天亭(日本庭園内)
【参加費】1,500円
     ※干菓子、桜湯、主菓子、抹茶をお召し上がりいただけます
o6.jpg
 本日12月4日(水)から15日まで新宿御苑大温室で、「新宿御苑栽培・洋ラン展-ランが彩る池-」を開催しています。
 今一番のみどころが洋ランです。ランは11月から2月頃まで様々なランが咲き、とても華やかな館内各所では、みごろをむかえた艶やかな洋ランを展示しています。
※展示する鉢は植物の健康状態に応じて、定期的に入れ替えを行っています※
 
開催報告・レポート 2019年12月 4日 15:46

大人向け写真教室を開催しました

1.JPG
 2019新宿御苑フォトコンテスト特別イベント「新宿御苑 写真教室」を12月3日(火)に開催し、26名の方にご参加いただきました。
 新宿御苑フォトコンテスト審査員を務めるプロカメラマンの木村正博先生と岡本洋子先生を講師にむかえ、紅葉の色づきが、すすむ園内を巡りました。昨日は穏やかに晴れ、暖かい日差しの中、撮影をお楽しみいただきました。
191203a.JPG
日頃より新宿御苑をご利用頂きましてありがとうございます。
 
新宿御苑では12月5日(木)から8日(日)までの4日間、千駄ヶ谷エリアにて初の紅葉ライトアップを行います。
 
皆様、是非お越し下さい。
 
「紅葉ライトアップ」について
(1)ライトアップ概要
 
 紅葉が深まる季節に合わせて、紅葉ライトアップを行います。12月上旬~中旬にかけてもみじの紅葉が深くなるモミジ山を中心に、千駄ヶ谷門周辺エリアを優しい光で照らします。都内でも有数の紅葉の名所の一つである新宿御苑の紅葉がライトアップされた幻想的な景色を是非御鑑賞ください。
 
①日時:12月5日(木)~12月8日(日) 17:30~19:30(入園は19:00まで)
 
②会場:新宿御苑内 千駄ヶ谷門周辺エリア
※一旦閉園した後にライトアップのため千駄ヶ谷門のみを再開門。
※再入園の方は千駄ヶ谷門とゲートの間の広場に待機可能。
 
③入園料:一般―500円、65歳以上及び学生―250円 小・中学生―無料
※当日発行の入園券の提示により再入園可能。
 
④その他
入園門、退園門は千駄ヶ谷門のみとなります。
・ライトアップ実施区域(千駄ヶ谷門周辺エリア)以外に立ち入ることはできません。
 
posuta.jpg
日頃より新宿御苑をご利用いただきましてありがとうございます。
 
現在、秋に上陸した台風15号、19号の影響による樹木の倒木や枝折れ箇所が多数あり、安全確保のため園内の一部について立入禁止にさせていただくエリアがありますので予めご了承ください。
 
現在の詳細は下記の園内マップを御確認下さい。
作業中はご迷惑をおかけいたしますが、庭園の安全を守るためのご理解とご協力をよろしくお願いいたします。
 
■立入禁止/No entry(2019年11月30日現在)
191201kinshi.jpg
>>環境省管理事務所ホームページ

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31