懸崖作り花壇

カテゴリ:

 菊花壇展13日目をむかえ、ようやく秋らしい気温になってきました。新宿門のガーランド仕立てのアーチも華やかになり、連日、国内外のお客様の目を楽しませています。
 本日は、色鮮やかに咲き誇る懸崖菊花壇をご紹介します。
01na.jpg
 中央休憩所の入り口から順路に従って花壇を鑑賞していくと、旧御凉亭近くの「第一露地花壇」を過ぎ、次に見えてくる上家が「懸崖作り花壇」です。
 
02na.jpg
 「懸崖作り花壇」は、野菊が断崖の岩間から垂れ下がって咲いている姿を模して、1本の小菊を大きな株に仕立てる技法です。新宿御苑では、一重咲きの小菊のなかでも特に分枝性の旺盛なものを選び、1年かけて植替えや支柱立てを繰り返し、伸長した枝を舟形に結び、摘心によって仕立てていきます。
03na.jpg
 古木の台座には、大小24個の鉢が配色よく並びます。新宿御苑の菊花壇展の配色は「黄」「白」「紅」を基調としますが、「懸崖作り花壇」では同じ色がとなり合わせに重ならないように並べます。
05na.jpg
 足元には枯れた松葉が敷き詰められ、石組みなども工夫をこらした野趣あふれる花壇になっています。
04na.jpg
 手前には水の流れを配し、晴れた日には水の反射が上家の中を照らします。独特の味わいと流れるような姿の美しさは菊花壇展の中で異彩を放っています。
07na.jpg
 ますます華やかになっている菊花壇と日本庭園。少し色づきはじめた紅葉とともにご鑑賞ください。
 
■菊花壇展・菊花壇解説展■
 
(1)新宿御苑菊花壇展
2019kikukadan.jpg
■日時:
2019年11月1日(金)~11月15日(金)(期間中は無休)
9:00~16:00(閉門は16:30)
■会場:
新宿御苑内 日本庭園(東京都新宿区内藤町11)
■料金:
新宿御苑への入園料が必要です。
一般500円(30人以上団体割引:400円 ※事前申込不要)
65歳以上250円 ※窓口で年齢の確認できる証明書の提示が必要です
学生(高校生以上)250円 ※窓口で学生証の提示が必要です
小人(中学生以下) 無料
■内容:
皇室の伝統園芸を受け継ぐ「菊花壇展」を開催します。
 
(2)菊花壇解説展
2019kaisetuten.jpg
■日時:
2019年10月29日(火)~11月17日(日)(期間中は無休)
9:00~16:30(最終日は15:00まで)
■会場:
新宿御苑インフォメーションセンター 1階アートギャラリー
■料金:
無料
■内容:
新宿御苑菊花壇展の魅力を分かりやすくご案内します。
 
(3)菊花壇ライトアップ
■日時:
2019年11月8日(金)~11月13日(水)17:30~19:30(入園は19:00まで)
■会場:
新宿御苑内 日本庭園全体(7つの上家花壇含む)
※16:30で一旦閉園した後にライトアップのため新宿門を再開門。
■料金
入園料:一般―500円、65歳以上及び学生―250円 小・中学生―無料
※当日発行の入園券の提示により再入園可能。
■内容:
7つの上家花壇のライトアップに加え、菊花壇展の舞台となる日本庭園全体のライティングを行います。

2019年11月13日 13:11

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31