チャノキの花が咲いています

カテゴリ:

1.JPG
 今日は、秋らしい雲が流れ、時折日が射すと植物がキラキラと輝いています。このところ肌寒い日が続きましたが、今日はお昼前に20度を超え、半袖で散策をお楽しみいただける陽気になりました。
 園内各所では、チャノキが可憐な花をつけています。
2.JPG
 園内にはチャノキが数本ありますが、特にたくさんのつぼみをつけて元気いっぱい咲いているのは、サービスセンター近くのチャノキです。この植え込みは、桜、アガパンサス、ヒガンバナ、マルバチシャノキと見ごたえのある植物がたくさん植栽されていますが、現在は主役がまわってきたとばかりに、チャノキがたくさんの花をつけています。
3.JPG
 チャノキはツバキ科ツバキ属の常緑樹です。建久2年(1191)に、僧栄西が中国から持ち帰り栽培が始まったとされており、日本各地で緑茶用に栽培されています。一般的に日本で飲用に栽培されているものは、丸く刈り込まれていますが、園内の木は自然な状態で生えています。そのため茶畑にあるチャノキとは別の樹木のように感じる方も多いかもしれませんね。緑茶だけではなくダージリンやセイロンの紅茶も、このチャノキから作られています。公園や神社などに植えられていることが多く、緑茶や紅茶の木が、こんな身近にあることに驚かれる方もいらっしゃるようです。
4.JPG
 チャノキの花は、たくさんの花粉を蓄えているので、いろいろな種類のハチが忙しそうに花粉集めをしていました。観察される際には、ハチ達を刺激しないように気をつけてご覧ください。
5.JPG
 花は例年ですと、10月いっぱいくらいまで綺麗にご覧いただけそうですし、新宿門近くのチャノキには青々とした実もついていました。チャノキを愛でながら秋の散策をお楽しみください。
 

2019年10月20日 13:22

2019年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30