翔天亭にて、お茶席体験イベントを開催しました

カテゴリ:

0k.JPG
 朝のうち、しっとりと雨が降っていましたが、お昼前にはやみ、涼しく過ごしやすい休日になりました。お客様は、雨粒でキラキラした園内の散策をお楽しみになっていらっしゃいます。
1k.JPG
 本日は、日本庭園のお茶室「翔天亭」にて、お茶席のイベントが催されました。奈良より「大和まちなみ文化塾」の方々をお迎えし、「野点風立礼式」が本席の催しです。
2k.JPG
 お客様には、まず翔天亭の外に設けた席で桜茶をお召し上がりいただきます。添えられた本日の干菓子は「お月見うさぎ」です。翔天亭のある日本庭園の上の池ではススキがみごろをむかえていて、季節にぴったりのお菓子を召し上がりながら、一息ついていただきます。
4k.JPG
 その後、翔天亭にお入りいただいて「本席」になります。椅子に座って、お茶を召し上がっていただく立礼席で、海外のお客様も気軽にお楽しみいただけます。
 お点前をお楽しみいただきながら「大和まちなみ文化塾」の塾長の阪本日出雄氏よりお話をいただきました。今回のお題は「新宿御苑物語」。阪本氏のお話は、新宿御苑の歴史から日本神話にまで広がり、参加されたお客様は興味深く聞いていらっしゃいました。
5k.JPG
 本席の生菓子は「初雁」(はつかり)です。雁は「秋分に来り春分に帰る」と云われていて、9月下旬にその年初めてわたって来る雁のことを「初雁」というそうです。
6.JPG
 翔天亭は明治39年、新宿御苑の造営と同時に建築されましたが、昭和20年に戦災で焼失し、昭和29年に1度再建され、その後平成3年に立て直しが行われました。平成3年の立て直しにあたっては、平成元年に新宿御苑で執り行われた昭和天皇の大喪の礼の際に建築された葬祭場の資材の一部が使用されました。
7k.JPG
 ハネムーン中にお寄りになった海外からのお客様も、リラックスした様子でお楽しみいただきました。
 普段、翔天亭は売店があり、日本庭園を眺めながら一息つけるスポットです。新宿御苑にお越しの際はぜひお立ち寄りください。

2019年9月16日 15:17

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31