フワフワっとした白い花は?

カテゴリ:

o1.jpg
 今日は雨上がりですが、気温も湿度も上がらず、過ごしやすい土曜日となりました。大温室には、朝からたくさんのお客様が訪れ、サガリバナなど熱帯のカラフルな植物を楽しんでいらっしゃいます。写真の花は、温室前の池でみごろをむかえている「ガガブタ」という浮葉植物です。
o2.jpg
o3.jpg
 直径約2㎝ほどの小さな花ですが、インパクトのある名前といい、白い刺繍糸で作られたような花びらといい、特徴があって、一度見たら、忘れられない花ではないでしょうか?昨日も通りがかったお客様から「葉はスイレンみたいだけど、なんという花かしら?」とご質問いただきました。
o4.jpg
 葉は円心形で、スイレンの葉とよく似ていますが、5弁の花びらの周りが細かく裂けていて、フワフワと毛が生えたようにみえます。花の中心はきれいな黄色で、お菓子の様ですね。本州以西の沼や池に群生して、7月から9月まで花を咲かせる多年草です。
 和名の由来は、漢字では鏡蓋と書いて「ガガブタ」と読み、葉の形が丸く鏡蓋に似ているからだという説があります。
o5.jpg
 ガガブタは絶滅危惧植物で、環境省絶滅危惧Ⅱ類(VU)リストに入っています。新宿御苑では旧温室時代から大事に育てられ、毎年花をお楽しみいただいています。
o7.jpg
 「あ!カエルが飛び込んだ。ほら、あっちにはカメが顔をだしてるよ。」と親子連れのお客様の楽しそうな会話が聞こえてきました。夏の生き物に出会え、身近な自然が楽しめる新宿御苑の散策はいかがでしょうか?
o8.jpg

2019年7月 6日 16:24

2019年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30