お茶室楽羽亭にて「お点前の見学会」を開催

カテゴリ:

1 (2).JPG
 今日は、朝からたっぷりと雨が降る梅雨らしい一日になりました。日本庭園の梅林にある楽羽亭に入ると「沈香」の香りに全身が包まれ、温かい灯りが心を落ち着かせてくれます。雨音も心地よく響く中、今日はお点前の見学会が開催されました。
2.JPG
3 (2).JPG
 普段、楽羽亭では立礼席での呈茶のみを行っておりますが、見学会では特別にお点前をご覧いただけます。海外からのお客様は、お点前が始まると、興味深い様子で見学されていました。
4 (2).JPG
 お抹茶と一緒に季節の和菓子をお召し上がりいただけますが、今日のお菓子は初夏らしい色合いのお菓子でした。清冷な小川や湖沼の流れの中に咲く水草の花「藻の花」という名前の主菓子です。床の間に飾られている茶花は優しい青のアジサイ。雨の季節を静かな気持ちで楽しめるひと時となりました。 
5.JPG 
 お客様からは「日本文化に触れることが出来て良かったです。」と感想をいただきました。お点前を見学されたお客様は、自然と姿勢が正されるようで、凛とした面持ちで楽羽亭を後にされました。 
6.JPG
 楽羽亭は、新宿御苑の日本庭園内にある優美な茶室です。木の香り漂う純日本的な建物と洗礼された庭先は格調高く、落ち着いた雰囲気の中で茶事をたしなむことができます。
 小間(4畳台目)、広間(10畳)、立礼席(30席)の3つの部屋があり、貸出しも行っております。
7.JPG
 新宿御苑が皇室庭園であった明治39年(1906)ごろに建設されました。当時の日本庭園には鴨場があり、楽羽亭は皇室の休憩所として利用されていました。楽しそうに鳥たちが羽ばたいてゆく姿をイメージしたのが名前の由来となっています。昭和20年(1945)の空襲で焼失しましたが、昭和62年に復元されました。
8.JPG
 明日は、もうひとつのお茶室「翔天亭」で「お茶席の体験イベント」があります。日本庭園のお茶室で日本文化をお楽しみください。

2019年6月15日 14:49

2019年7月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31