ニワナナカマドのふんわり白い花

カテゴリ:

o1.jpg
 環境省主唱により、6月5日は「環境の日」、6月の1ヶ月間は「環境月間」としています。これは1972年6月5日に開催された「国連人間環境会議」を記念して定められたものです。世界各地で環境保全への関心と理解を深め、行動に繋げることを目的としたイベントが開催されます。
 新宿御苑では、この環境月間にちなみ本日6月1日(土)と明日6月2日(日)が無料開園日となります。
o2.jpg
 暑気が日ごとに厳しくなってくる頃ですが、今日は薄曇りの空で過ごしやすく、色濃くなってきた緑の中をゆったりと散策できる一日となりました。中の池のレストハウス近くに、緑の葉の上に淡雪が?と見間違うような白いふんわりしたニワナナカマドの花が咲いています。
o3.jpg
 ニワナナカマドは中国原産のバラ科の落葉低木です、葉がナナカマド(七竈)のそれに似ているのでこの名が付きました。珍珠梅(チンシバイ)という別名があり、花をよく見るとたくさんの雄しべが長くぱっと開き、白い梅のような小花がたくさん集まって花穂を作っています。
o5.jpg
(↑写真:花の中で夢中で花粉を食べるコアオハナムグリ)
o4.jpg
 まだ珠のように可愛らしいつぼみも多く、例年ですと6月中旬ごろまでお楽しみいただけますが、白い花は雨に打たれてしまうとセピア色にくすんでしまいますので、ぜひお早めにご覧ください。
o6.jpg
 新緑の中に淡雪が降り積もったような涼しげな初夏の光景が中の池の水辺近くでご覧いただけます。
o7.jpg
初夏の風と白い花、色濃くなってきた緑の御苑で爽やかな週末の散策はいかがですか?

2019年6月 1日 15:33

2019年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30