「愛鳥週間(Bird Week)」です!野鳥を通して自然に親しみましょう

カテゴリ:

毎年5月10日~16日の一週間は「愛鳥週間(Bird Week)」です。野鳥の保護を推進し、野鳥を大切にする気持ちを広めるために設けられました。期間中は全国各地で探鳥会や講演会など、野鳥保護にちなんだ様々な行事が開催されます。
05.jpg
真っ青な青空が広がり、初夏の風が心地よい週末、新宿御苑は朝から散策を楽しむお客様で賑わっています。意外に思われるかもしれませんが新宿御苑でも、多くの野鳥を観察できます。
o2.jpg
 鳥の観察は朝早くがおすすめです。開園間もなく園内を散策していると大温室近くの枝から「ガァッー」という鳴き声が聞こえてきました。よく見てみるとオナガで、名前の通り尾が長くハトよりやや小さいです。
o3.jpg
o6.jpg.jpg
 今日は気温がぐんぐん上がり夏日となりましたが、気温が上がると生きものたちの活動も活発になります。涼を感じに玉藻池に行ってみると、アオサギがゆうゆうと水辺にたたずんでいました。なお、玉藻池近くの大木戸休憩所売店では、野鳥ピンバッチや野鳥シートなど、鳥に親しむ各種グッズをご紹介してますので、ぜひお立ち寄りください。
o7.jpg.jpg
 鳥たちも暑さを感じているのか、花の水まきをしているとスズメたちが水たまりで水浴びをしに来ました。水浴びをする可愛らしい姿に、思わず笑顔になりました。
o1.jpg
 近年、野鳥たちは、社寺林、雑木林、公園、街路樹など比較的人の生活に近い環境順応している例がよく見受けられます。一年を通して、耳を澄ませば園内各所で野鳥のさえずりが聞こえてきますが、この季節は特に、巣立ちの季節なのでひなの餌をねだる鳴き声も時に交じっています。巣立ったばかりの野鳥のヒナは上手に飛べないため、枝から枝に移るときに地面に落ちてしまうこともありますが、基本的に拾わずにそのままにしておいてください。近くに姿は見えなくても、ほとんどの場合すぐそばで親鳥が見守りお世話をしています。人間がヒナの傍にいると親鳥が近づくことが出来ないので、静かにその場を離れてください。
 
※新宿御苑では、生きものの保護を行っておりません。野生生物を捕まえたり飼育することは法律で禁止されていますので、保護を行う場合は必ず各都道府県の野生鳥獣保護担当機関に連絡し、アドバイスを受けてください。
 
■新宿御苑の庭園を守るために■
 新宿御苑は旧皇室園地の歴史のある庭園です。貴重な園内の動植物や施設を守り、庭園を訪れる皆さまに楽しく安全で快適にお過ごしいただけますよう、次に掲げる行為及びこれに類する行為はご遠慮ください。皆さまのご協力をお願いいたします。
 
【自然保護・文化財保護のため、動植物や庭園、施設等を傷つける以下の行為はご遠慮ください。】
・植物を採ったり傷つけたりすること
・動物(魚類、昆虫類を含む)を捕まえたり傷つけたりすること
・園内の木に登ること
・園内の動物にえさをやること
・立入禁止、植栽保護区域に立ち入ること
・植物を持ち込んで植えること
・動物を持ち込んで放すこと
・施設や工作物等を壊したり、汚損すること
・その他、管理者が適当でないと認める行為
 
>>上記以外の園内規則など詳しくは環境省新宿御苑管理事務所ウェブサイト「施設利用・入園案内」ページをご確認ください。

2019年5月11日 15:32

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31