新宿御苑のシンボルツリー ユリノキが開花しました

カテゴリ:

01n.JPG
 今日は午後は晴れ間が射しましたが、午前中はしとしとと雨が降り、園内全体がすっぽりと霧に包まれているようでした。来園されたお客様は、白いもやに包まれ少し幻想的な園内と、最後の桜を楽しんでいらっしゃいました。
02n.JPG
 
 初夏に移り行く園内各所では、新宿御苑のシンボルツリー・ユリノキが開花しました。園内には約30本のユリノキがありますが、一番人気は、風景式庭園の真ん中に堂々とした佇まいで園内を見守っているかのように植栽されている、新宿御苑のシンボル・ツリーの三本ユリノキです。
03n.JPG
04n.JPG
 ユリノキは北アメリカ原産の落葉高木で、明治20~30年代に日本ではじめて新宿御苑に植栽されたといわれています。その後、御苑の木を母樹として、街路樹用に全国へと広まってゆきました。
05n.JPG
 高い所に花があり、花弁も葉と同じような緑色の為、花はあまり目立ちませんが、少し上を見上げて探してみてください。黄緑色にオレンジ色がアクセントになったチューリップに似た花が咲いています。和名はユリの花にたとえたことからユリノキとなりましたが、英名ではチューリップツリーと呼ばれています。
06n.JPG
 本日(4/25)の時点では、三本ユリノキよりも、旧洋館御休所前に植栽されているユリノキの方が、花を近くで見ることができますが、どちらもつぼみがまだまだたくさんついているので、この先見事に咲いてくれることでしょう。お天気にもよりますが、みごろになるのは5月に入ってからと予想しています。
07n.JPG
(写真↑:旧御休所前のユリノキ)
 
 新緑の季節の新宿御苑と共に、シンボルツリーのユリノキをぜひお楽しみください。

2019年4月25日 16:00

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31