【イベント予告】今季も登場♪新宿ゆかりの内藤とうがらし苗をご紹介

カテゴリ:

 4月27日(土)、28日(日)、29日(月祝)の3日間、新宿門横のインフォメーションセンター前の広場で、新宿ゆかりの内藤とうがらし苗をご紹介するイベント「花・野菜市場 in 新宿御苑」を開催します。内藤とうがらし苗は今季初登場となります。
190422a.JPG
>>詳細はこちら:内藤とうがらしプロジェクトHP
 
※内藤とうがらし苗は数量限定のため完売になる場合がございます。
(写真↑:昨年ご紹介した内藤とうがらし苗、写真↓:昨年のイベントの様子)
190422b.JPG
 内藤とうがらしは、新宿御苑が徳川家康の家臣・内藤氏の下屋敷であった江戸時代より栽培され、やがて新宿一帯へと広まっていった伝統野菜です。
 江戸の都市化にともない、内藤とうがらしは一度姿を消してしまいましたが、2008年に発足した内藤とうがらしプロジェクトにより、一度は絶滅した内藤とうがらしのタネ探しから、タネの発見、栽培、研究を重ねた後、本格的な復活の取り組みが始まりました。
190422d.JPG
 その後、新宿区内の学校や公共施設、商店街などで栽培がはじまり、現在は地域での苗の配布や商品開発なども行われ、内藤とうがらしの取り組みの輪が広がっています。
190422e.JPG
 とうがらしというと辛みの強い鷹の爪がおなじみですが、内藤とうがらしはマイルドな辛みと昆布のお出汁のような旨みが特徴です。
 市販されているものは、実を乾燥させたものや七味、一味唐辛子で使う機会がほとんですが、苗から栽培すると葉っぱや青唐辛子、赤唐辛子と、いろいろな状態で幅広く料理に取り入れることができます。
 苗から育てることで、夏には花が咲き、秋に実がなると葉の緑とのコントラストも鮮やかで、見て、育てて、食べる楽しみを一度に味わえます。
(写真:実が赤くなった内藤とうがらし)
 
 園内6か所の休憩所内売店では内藤とうがらしを使ったお菓子や、内藤とうがらしをモチーフにしたグッズも取りそろえました。
190422f.JPG
(写真↑:内藤とうがらし煎餅)
190422g.JPG
(写真↑:内藤とうがらしクレープ)
07.JPG
08.JPG
(写真↑:内藤とうがらしデザインのトートバッグ)
 
 また、新宿御苑内の飲食施設「レストランゆりのき」と「カフェはなのき」では、新宿ゆかりの内藤とうがらしのほか、都内の農家直送の新鮮な江戸東京野菜を使った地産地消メニューの提供や、環境にやさしいエコ・クッキングの取り組みを進めております。
(写真↑:里帰りシカ肉カレーセット/鉄分豊富でカロリー控えめなシカ肉は、高たんぱく低脂肪でミネラルが豊富。江戸東京野菜の内藤とうがらしで味付けをしています)
190422l (2).JPG
(写真↑:内藤ドッグ/内藤とうがらしソーセージとシカ肉ソースのホットドッグです)
190422l (1).JPG
(写真↑:内藤とうがらしとイチゴのソース添えアイスクリーム/甘さとスパイスのハーモニー♪)
 
 
 
★カフェはなのき、レストランゆりのきは、とうきょう特産食材使用店に登録されています。
 
 さわやかな新緑と季節の花々が咲き誇る園内を散策しながら、新宿ゆかりの内藤とうがらしの魅力にふれてみてはいかがでしょうか。
 
【ゴールデンウイーク期間の開園状況】
 GW期間の開園状況は以下のとおりとなります。 
 なお、4月29日、5月4日および5日の無料開園日については、年間パスポートの発行申請を受け付けておりません。予めご了承ください。
※新宿御苑の開園日や主な行事につきましては、環境省新宿御苑管理事務所HPの行事カレンダーをご確認ください。
 
■4/27(土)   通常開園 
 
■4/28(日)   通常開園
 
■4/29(月・祝) 無料開園日(みどりフェスタ開催)
 
■4/30(火・祝) 通常開園
 
■5/1(水・祝)  通常開園
 
■5/2(木・祝)  通常開園
 
■5/3(金・祝)  通常開園
 
■5/4(土・祝)  無料開園日(みどりの日)
 
■5/5(日・祝)  無料開園日(こどもの日)
 
■5/6(月・祝)  通常開園
 
■5/7(火)    閉園日

2019年4月22日 11:00

2019年7月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31