ハチのトラップを設置しました

カテゴリ:

「園内の木々にぶら下がってるペットボトルは何でしょう?」とインフォメーションセンターにお客さまよりお問い合わせがありました。
 園内散策をされている時に、ご覧になった方もいらっしゃるのではないでしょうか。
02na.JPG
こちらは、ハチトラップです。
 新宿御苑ではハチによる被害を防止するため、庭園の植生担当職員が園内にハチトラップの設置を行いました。昨年までのデータを元に、今年は園内に約120か所仕掛けました。
 
01na.JPG
 トラップは、ペットボトルを利用した職員による手作りです。中には甘い味と香りのする液体を入れ、強い匂いに誘われてやってきたハチがお腹いっぱいになるまで液体を飲み、体が重くなり飛び上がれなくなるという仕組みです。
06na.JPG
 巣作りをはじめた女王バチや夏にかけて増加する攻撃性の強い働きバチを捕獲し数を減らす効果があります。これによりハチによる被害が少なくなりました。
03na.JPG
 毒針を持つ怖い生き物という印象が強いスズメバチですが、アレルギーを起こす毛虫などの害虫を食べる益虫という一面も持ち、全てのスズメバチを駆除してしまうのは生態系にも影響を及ぼします。
07na.JPG
(オオスズメバチ)
 
 これからの季節、ハチの活動が活発になりますが、刺激を与えない限り、人を刺すことはめったにありません。ハチが来ても手で払ったりせずに、じっとして飛び去るのを待ちましょう。
05.JPG
 桜の季節もそろそろ終わりが近づいてきています。これからの季節は植物とともに昆虫も活発に活動をはじめます。地球に生息する一員として、上手く共生していきたいですね。
 

2019年4月16日 14:57

2019年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30