新宿御苑の桜 イチヨウがみごろです

カテゴリ:

1.JPG
 今日は抜けるような青空が広がりました。まぶしい光が新緑を照らし、植物がイキイキとしています。時折吹く強い風でソメイヨシノの花びらが舞って園内を華やかに演出しています。
2.JPG
 桜シーズン後半にさしかかった園内各所で、新宿御苑を代表する桜イチヨウがみごろをむかえています。
3.JPG
 ふんわりと地面近くまで下がった枝にたくさんの花がついてカーテンのようです。イチヨウの下では、たくさんのお客様がシートを広げて寛いでいらっしゃいました。
4.JPG
 イチヨウ(一葉)はサトザクラの栽培品種で、江戸時代末期から関東を中心に広まりました。1~2本の雌しべが葉のような形をしていることが名前の由来です。
5.JPG
 園内には約65種類1000本の桜の木がありますが、そのうちイチヨウは整形式庭園を中心に約130本の植栽があり、ソメイヨシノに次いで多い植栽となっています。新宿御苑の発展に大きく貢献した福羽逸人は、その回顧録の中で「観桜会の時に賞翫すべきは、主として一葉及び普賢種を栽植せり。」と述べていて、広い園内でイチヨウが美しく映えるように植栽したことがうかがえます。
6 (2).JPG
 優しい色で新宿御苑を彩るイチヨウをお楽しみください。
7.JPG
 
【お願い】園内へのアルコールの持込は禁止しております。入園門において手荷物検査を行う場合がありますので、ご協力お願いいたします。(園内での販売も行っておりません)
 

2019年4月 9日 15:51

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31