コヒガンがみごろをむかえました

カテゴリ:

 少し冷たい風が吹いていますが、真っ青な青空のもと、早めのお花見には絶好の日曜日となりました。新宿御苑では様々な品種のサクラが咲いてきていますが、ソメイヨシノより一足早く、コヒガンがみごろになっています。

01.JPG

 新宿御苑ではコヒガンは2か所に植栽されています。サービスセンター前の植栽は小ぶりですが、枝をめいっぱい上に伸ばし、陽の光を懸命に浴びようとしているようにみえます。
02.JPG
 
03.JPG
 こども広場の植栽はサービスセンター近くのものよりやや大きく、隣のサクラに負けないように、枝を広場の方に突き出し、がんばって咲いています。
04.JPG
 
05.JPG
 コヒガンはその名の通り、春のお彼岸の頃に咲くので、この名前が付いたといわれています。マメザクラとエドヒガンの種間雑種の栽培品種で、江戸時代の初期から栽培されていました。ソメイヨシノより少し小さい一重咲きの花のせいか、可憐にみえます。
06.JPG
 
07.JPG
 ソメイヨシノが満開になる前にコヒガンでのお花見を楽しんでみませんか。

2019年3月24日 14:06

2019年4月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30