タカトオコヒガンが開花しました

カテゴリ:

 昨日に比べると頬を撫でる風は少し冷たいものの、太陽の光の下は暖かく、花々が咲き誇り春の空気に包まれています。現在園内で、ひと際お客様の人気を集めているシュゼンジカンザクラに続くように、次々とサクラが咲きはじめています。
01n.JPG
02n.JPG
 最近、お客様からのお問合せの多い「タカトオコヒガン」ですが、玉藻池などで開花しました。
03n.JPG
 玉藻池は江戸時代の内藤家の屋敷跡の面影をとどめる庭園です。池にかかる橋に向かって枝が伸びているので、写真撮影に人気のスポットです。
04n.JPG
「毎年、ここの桜のトンネルをくぐるのを楽しみにしているの。」とお客様。
 満開になるのを心待ちにしている様でした。
05n.JPG
 花は淡紅色の一重咲きで、キンキマメザクラとエドヒガンの種間雑種と考えられています。
06n.JPG
 新宿御苑には今回ご紹介した玉藻池をはじめ、桜園地や下の池の近くなどにタカトオコヒガンの植栽がありますが、一番枝ぶりが良く、人気があるのは玉藻池にある1本です。
07n.JPG
 お天気にもよりますが、タカトオコヒガンのみごろは3月20日頃になりそうです。新宿御苑では、この先も4月中旬頃まで、特色豊かなサクラが咲き誇ります。桜咲く新宿御苑での散策をお楽しみください。
08n.JPG
(写真↑:中の池・レストハウス前のシュゼンジカンザクラ)

2019年3月14日 15:30

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31