大温室鑑賞教室をお楽しみいただきました

カテゴリ:

190309o (1).JPG
 1月に続いて今年2回目となる温室担当職員によるガイドツアーです。新宿御苑の大温室は2012年11月にオープンして以来7年、たくさんの皆様にお楽しみいただいております。広さ2750㎡、高さは15メートルのガラス張りの建物は「モダンなデザインでかっこいいですね。」というお声をよく掛けていただきます。
190309o (2).JPG
 温室職員のご挨拶の後、ツアーがスタートしました。まずは珍しい花をつけたマチク「麻竹」です。台湾からきたもので日本のマダケ「真竹」とは違うイネ科の竹で、このマチクのタケノコを加工したものが中華料理でお馴染みのメンマだそうです。
190309o (3).JPG
 職員が実をつけたサンジャクバナナのガクを一枚めくって黄色い雌花をご紹介しました。雌花が咲いた後に先端のほうに雄花が咲くそうです。ツアー参加の方からは「バナナの寿命は?」という質問があり、「実が大きくなったら親株は倒れて、横からクローンの子株がでてきます。種がなくなって食べやすくなったバナナは遺伝的多様性がないのが欠点なのですよ。」という話に参加者の皆様は興味深く聞いていらっしゃいました。
190309o (4).JPG
 きれいな薄紫の新芽の葉のムユウジュ「無憂樹」はお釈迦様のお母様が触れたことが由来だそうです。インドボダイジュやサラソウジュの木もそばにあります。
190309o (5).JPG
 モンテンボクの花は岩の上でもよく映えますね。これは小笠原地方のハイビスカスの一種で、花は一日花です。近縁種で、花がよく似ている「オオハマボウ」は佳子様のおしるしと説明がありました。
190309o (6).JPG
190309o (7).JPG
 ウツボカズラやオオベニゴウカン、スイレンなど他にも魅力いっぱいの植物が皆様をお待ちしております。
190309o (8).JPG
190309o (9).JPG
 今日は、まだ風は少し冷たいものの穏やかな春の日差しを楽しむ絶好の週末で、たくさんのお客様にご来園いただきました。

2019年3月 9日 16:50

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31